スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取水制限と給水制限の違い

渇水時の対策として、取水制限と給水制限の二種類の方法があります。

more...

スポンサーサイト

【theme : 環境・資源・エネルギー
【genre : 政治・経済

電力不足を解消したいなら、各家庭に発電所を作ればいい

東日本大震災から1ヵ月後くらいに、東京ガスが販売している家庭用燃料電池『エネファーム』が停電時には使えないと聞いたとき、正直がっかりしました。

more...

【theme : 環境・資源・エネルギー
【genre : 政治・経済

太陽光発電の開発に関する最近のニュース

太陽光発電における大きな課題の一つが発電コストの悪さ。近い将来、どこまで改善できるかの見通しを探るため、開発に関するニュースを集めてみました。

more...

【theme : 環境・資源・エネルギー
【genre : 政治・経済

自然エネルギー、それぞれの課題

自分のための大雑把なメモ。

自然エネルギー(=再生可能エネルギー)全般に共通する課題:

  • 発電コスト(=1kWhあたりの発電費用)がかかる:その結果、電気代が上がり、経済活動に影響が及ぶ
  • 電力供給が安定的でない:自然エネルギーの多くが、気象条件に大きく左右され、時間あたりの発電量が一定でない(最悪、発電量ゼロ)。蓄電技術でカバーするにしても、現時点では蓄電コストが高すぎて実用的ではない

more...

【theme : 環境・資源・エネルギー
【genre : 政治・経済

メラミンスポンジの効果とメラミン樹脂の安全性

メラミンスポンジの効果

湯呑やマグカップの茶渋を落とすには、メラミンスポンジが効果的です。愛用の磁器製マグカップに使ってみると、本当によく落ちます。初めて使ったときは感動しました。

メラミンスポンジは白色のスポンジです。使い方は簡単。水につけて、軽くこするだけ。洗剤は不要です。その際、消しゴムのように削りカスが出て本体が磨り減ります。

使用上の注意として、極細の繊維で研磨して汚れを削り落とす原理なので、対象物に細かい傷をつける可能性がないとはいえません。最初に目立たない部分で試すとよいでしょう。

参考までに、たまたま自宅に置いてあったメラミンスポンジ(「超落ち王」という製品)の外装袋に記載されている説明によると、

使用に適した面

  • ガラス・鏡・陶磁器・ホーロー
  • ステンレス・鍋
  • 光沢の気にならないプラスチック面など

使用に適さない面

  • 表面が樹脂加工の製品
  • 軽い塗装面
  • 文字、絵柄などの印刷面
  • 車の外装面
  • 木製家具・吸水性のある面
  • 漆器類など
  • 光沢のあるプラスチック面など

メラミンスポンジの購入が初めての方は、外装袋の説明を一読することをおすすめします。

メラミンスポンジは、ホームセンター、ドラッグストア、100円ショップなどで売っています。「激落ちくん」が有名ですが、各社からさまざまな商品名のものが売られています。どれも機能的には変わりません。

メラミン樹脂の安全性

さて、メラミンスポンジの原料であるメラミン樹脂は、メラミンとホルムアルデヒドの化学反応(より詳しくは重縮合)により生成される合成樹脂です。メラミンホルムアルデヒド樹脂とも呼ばれます。

メラミンと聞くと、中国における乳製品へのメラミン混入事件を思い出す方もいらっしゃると思います。また、ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質として悪名高い化学物質です。そのため、私たち一般消費者はメラミン樹脂の安全性に疑問を抱いてしまうわけです。

more...

【theme : 環境に優しい暮らし
【genre : ライフ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。