スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ今、日本の株価が下がっているのか

なぜ今、日本の株価が下がっているのかについて考えてみた。

現在、日本の株価が下がっている原因は、円高である。

日本の株価は、外国人投資家の影響が大きい。彼らにとって、円が高いということは、日本の株が他国の株より割高だということだ。したがって、日本の株は売られ、株価は下がる。

為替(円/ドル)と日経平均株価

なぜ今、円高なのか。それは、ドルとユーロが売られているからだ。

投資家は、流動性を重視する。売りたいときに売れることが彼らにとっての安心感なのだ。流動性の高い通貨の選択肢は少ない。その中で、ドル、ユーロ、円は世界三大通貨と呼ばれ、世界で非常に流通している。そのうち、ドルとユーロを売るとなれば、必然的に円を買わざるを得ない。

ドルとユーロが売られる原因は、欧米における景気回復の遅れと財政悪化だ。

景気対策として金融緩和政策を行う場合、国債や預金の金利を下げる方向にもっていく。金利が低いと、例えば、預金していても利子がつかない。金利の低い通貨は、持っていても運用面で効率が悪いので、投資家の購買意欲を損なう。

サブプライムローン問題に端を発する金融危機以降、欧米の相次ぐ金利引下げから、数年ほど続いていた円キャリートレード(低金利の通貨を借りて売り、より金利の高い通貨や利回りの高い金融商品を購入する取引)が解消される動きが起こり、円安から一転して円高が急激に進んだ。

通貨は、それを発行する国の政府がその価値を保証している。その国の財政が悪化すれば、通貨に対する信頼度は下がる。

結局、株価が下がっているのは企業の業績によるものではなく、円高なのは円に魅力があるからではない。

【theme : 経済
【genre : 政治・経済

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。