Windows XPにおけるG95のセットアップ作業のメモ

Windows XPにおけるG95のセットアップ作業の手順を自分のためにメモ。

MinGWの入手とインストール

まず、MinGWをインストールします。MinGWのインストーラは以下のサイトから入手できます:

MinGW - Minimalist GNU for Windows (SourceForge.net)

作業手順の詳細については、以下のページを参考にしてください:

よしいずの雑記帳:Windows XPにおけるC言語およびC++のセットアップ作業のメモ

G95の入手とインストール

G95は、Fortran 95のコンパイラです。G95のインストーラは以下のサイトで配布されています:

The G95 Project - Downloads

「G95 Binaries (Current Snapshot)」のところの「Self-extracting Windows x86」の「HTML」というリンクをクリックすると、インストーラ(g95-MinGW.exe)がダウンロードできます。これをWindows XP上で実行すれば、G95がインストールできます。

  1. This is the g95 MinGW install system. Continue?:「はい」をクリック
  2. Installation Folder:MinGWを先にインストールすると、MinGWのフォルダ(c:\mingw)がDestination Folderのところに現れる。そのままの状態で、右下の「Install」ボタンをクリック
  3. MinGW was found at c:\mingw. A MinGW install is recommended Install g95 in the c:\mingw directory structure?:「はい」をクリック
  4. Open README.txt now?:「キャンセル」をクリック
  5. G95 was successfully installed - click OK to close:「OK」をクリック
  6. 最後に、右下の「close」をクリック

インストール作業が終了したら、動作確認を行います。コマンドプロンプトを起動したのち、以下のコマンドを実行:

>g95 --version
G95 (GCC 4.1.2 (g95 0.93!) Jun 16 2010)
Copyright (C) 2002-2008 Free Software Foundation, Inc.

G95 comes with NO WARRANTY, to the extent permitted by law.
You may redistribute copies of G95
under the terms of the GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file named COPYING

バージョン情報が表示されれば、インストール成功です。

コンパイルと実行

以下のプログラムを、例えば「hello.f90」という名前で保存します。

program hello
  print *, "hello!"
end program hello

プログラムをコンパイルするには、g95コマンドを使います。コマンドプロンプトを起動し、cdコマンドでhello.f90のあるディレクトリに移動したのち、以下のコマンドを実行します:

> g95 hello.f90 -o hello

そうすると、実行形式のファイル「hello.exe」ができあがります。これを実行すると、以下のようになります:

> hello
hello!

関連記事

Windows XPにおける各種プログラミング言語のセットアップ作業のメモ まとめ

【theme : プログラミング
【genre : コンピュータ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示