スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XPにおけるPerlのセットアップ作業のメモ

Windows XPにおけるPerlのセットアップ作業の手順を自分のためにメモ。

ActivePerlの入手とインストール

ActivePerlは、Windows上で動作するPerlインタープリタの定番です。ActiveState社がフリーで提供しています。ActivePerlのインストーラは以下のサイトで配布されています:

ActiveState:ActivePerl Downloads

現時点(2010年11月16日時点)での最新は5.12.2.1202です。Windows (x86)用の「Windows Installer (MSI)」のリンクをクリックし、「ActivePerl-5.12.2.1202-MSWin32-x86-293621.msi」というような名前のmsiファイルをダウンロードし、実行します。

  1. セットアップ画面が表示されたら、「Next」をクリック
  2. End-User License Agreement:使用許諾契約。内容を確認したのち、「I accept the terms ...」を選択して、「Next」をクリック
  3. Custom Setup:インストール内容や場所の変更。そのままで「Next」をクリック
  4. Choose Setup Options:PATHを通すかどうか。拡張子の関連付けを行うかどうか。そのままで「Next」をクリック
  5. Ready to Install:準備完了。「Install」をクリック
  6. 最後に、「Display the release notes」のチェックを外し、「Finish」ボタンをクリック

インストール作業が終了したら、動作確認を行います。コマンドプロンプトを起動したのち、以下のコマンドを実行:

> perl -v

This is perl 5, version 12, subversion 2 (v5.12.2) built for MSWin32-x86-multi-t
hread
(with 8 registered patches, see perl -V for more detail)

Copyright 1987-2010, Larry Wall

Binary build 1202 [293621] provided by ActiveState http://www.ActiveState.com
Built Sep  6 2010 23:36:03

Perl may be copied only under the terms of either the Artistic License or the
GNU General Public License, which may be found in the Perl 5 source kit.

Complete documentation for Perl, including FAQ lists, should be found on
this system using "man perl" or "perldoc perl".  If you have access to the
Internet, point your browser at http://www.perl.org/, the Perl Home Page.

バージョン情報が表示されれば、インストール成功です。

コンパイルと実行

以下のプログラムを、例えば「hello.pl」という名前で保存します。

print "hello!\n"

プログラムをコンパイルするには、perlコマンドを使います。コマンドプロンプトを起動し、cdコマンドでhello.plのあるディレクトリに移動したのち、以下のコマンドを実行します:

> perl hello.pl
hello!

関連記事

Windows XPにおける各種プログラミング言語のセットアップ作業のメモ まとめ

【theme : プログラミング
【genre : コンピュータ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。