Windows XPにおけるispell for Win32のセットアップ作業のメモ

これは古い記事です。より新しい情報は以下のページにあります:

よしいずの雑記帳 WindowsにおけるAspellのセットアップ作業のメモ


Windows XPにおけるispell for Win32のセットアップ作業の手順を自分のためにメモ。

ispellはスペルチェックを行うプログラムです。もともとはUNIX系OS向けのものでしたが、角藤亮(かくとうあきら)さんによってWindowsに移植されました。それが、ispell for Win32です。

ispell for Win32の入手

以下のサイトから入手できます。ispell for Win32は下のほうにあります。

W32TeX

ispell-3.3.02-w32.tar.gzというような名前のファイルをダウンロードします。tar.gzファイルの展開は、適当な解凍ソフト(例えばLhaplus)を使って行ってください。

インストール

インストール方法については、tar.gzファイルに同梱されているREADME.w32の「ispell のインストール」に詳しい説明があります。最初に目を通しておくことを推奨します。

以下は、作業例です。

  1. 解凍してできた「ispell-w32」フォルダを適当な場所に置く。例えば、cドライブの直下(c:\ispell-w32)
  2. 環境変数「PATH」の値にbinフォルダの場所(c:\ispell-w32\bin)を追加
  3. 環境変数「ISPELL_DICTDIR」を設定し、値を「c:\ispell-w32\dic」とする(システム辞書の設置場所)
  4. c:\ispell-w32の下にhomeフォルダを作成。そのあと、環境変数「HOME」を設定し、値を「c:\ispell-w32\home」とする(パーソナル辞書の作成場所)
  5. c:\usr\dictフォルダを作成し、その中に「words」という名前の空のテキストファイルを置く。その改行コードは「LF(0x0a)」にする(Lookupコマンド用。c:\usr\dictは固定で変更不可)

トラブルを避けるために、一般にUNIX系OSから移植されたプログラムの置き場所は、パスの中にスペースや日本語が含まれないように注意すべきです。なので、c:\program filesの下やc:\Documents and Settingsの下(特に、My Documentsの中)は避けたほうがよいでしょう。

環境変数の設定は、自分だけ使う場合にはユーザー環境変数を、複数のユーザーが使う場合にはシステム環境変数を設定します。

動作確認のため、コマンドプロンプトを起動し、バージョン情報を表示してみます:

>ispell -v
@(#) International Ispell Version 3.3.02 12 Jun 2005
@(#) Copyright (c), 1983, by Pace Willisson
@(#) International version Copyright (c) 1987, 1988, 1990-1995, 1999,
@(#) 2001, 2002, 2005 by Geoff Kuenning, Claremont, CA.
@(#) All rights reserved.
(以下略)

うまく表示されない場合、環境変数PATHの設定に問題がある可能性があります。

使い方

例えば、sample.txtというテキストファイルをispellでチェックするとき、コマンドプロンプトを起動し、cdコマンドでsample.texのあるディレクトリに移動したのち、以下のコマンドを入力します。

>ispell sample.txt

日本語混じりのファイルの場合は「-j」オプションを付けます。

>ispell -j sample.txt

あとは、ispellが間違いを指摘した単語について、代替候補の数字を入力するかコマンドを入力して操作するというのが、基本的な作業です。

事前に「ispell -h」コマンドを実行すると、ispell起動中に使用するコマンドの説明が表示されます:

>ispell -h
(中略)
Commands are:

R       Replace the misspelled word completely.
Space   Accept the word this time only.
A       Accept the word for the rest of this session.
I       Accept the word, and put it in your private dictionary.
U       Accept and add lowercase version to private dictionary.
0-n     Replace with one of the suggested words.
L       Look up words in system dictionary.
X       Write the rest of this file, ignoring misspellings,
        and start next file.
Q       Quit immediately.  Asks for confirmation.
        Leaves file unchanged.
!       Shell escape.
^L      Redraw screen.
^Z      Suspend program.
?       Show this help screen.

「^L」は [Ctrl]+[L] です。

ispellをコマンドプロンプトで使う際、途中の空白部分が長すぎて使いづらいときは、コマンドプロンプト起動直後、ispellを起動する前に、コマンドプロンプトのプロパティにおいて画面バッファのサイズを変更するとよいでしょう(コマンドプロンプトのタイトルバーを右クリックして、プロパティを選択。そのあと、「レイアウト」タブを選択)。デフォルトの高さは 300 ですが、これを 25 に変更します。

【theme : プログラミング
【genre : コンピュータ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示