スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(3月27日)の翻訳

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(3月27日)を日本語訳してみた。

誤訳は大目に見てください。

日本語訳

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(2011年3月27日、協定世界時13時30分)

1. 現在の状況

福島第一原子力発電所プラントの状況は非常に深刻なままです。

外部電源の復旧作業は続きます。照明は現在、1~3号機の集中管理室で利用可能です。また、真水は現在、1~3号機の圧力容器に注がれています。

1~3号機の格納容器と圧力抑制室の放射線測定は、減少し続けていました。白い「煙」は、1号機から4号機まで放出され続けていました。

圧力容器の圧力は、1号機にわずかな増加を示して、2号機と3号機で安定していました。圧力容器の大きな損傷がないことをおそらくは示しています。

1号機では、圧力容器の底部で測定された温度は142℃までわずかに下がりました。2号機では、圧力容器の底部の温度が昨日提供されたUpdateで報告された100℃から、97℃に下がりました。電源復旧作業の継続を目指して、タービン建屋地下から復水器までのポンプによる水の汲み上げが続けられています。

3号機では、タービン建屋から主復水器までポンプで水を汲み上げる計画が作られていますが、その方法はまだ決まっていません。これは、タービン建屋の放射線レベルを低減し、タービン建屋内で設備を復旧している作業員の汚染のリスクを軽減する必要があります。

4号機の状態について顕著な変化は報告されていません。

水がまだ1~4号機の使用済み核燃料プールに注入され、正常な冷却機能を復旧する努力が続いています。

5号機と6号機は冷温停止のままです。

私たちは、汚染を受けた3人の作業員が、まだ病院に入院中であることを承知しています。

2. 放射線モニタリング

福島における放射線の線量率は減少傾向にあります。

データが利用可能である45県(訳注:正確には都道府県?)のうち、28県では、3月18日から25日までの期間に放射性核種の堆積は検出されませんでした。他の17県のうち7県では、推定の1日あたりの堆積量はヨウ素-131については1平方メートルあたり500ベクレル未満であり、セシウム-137については1平方メートルあたり100ベクレル未満でした。

3月26日に、山形県で最も高い値が観測されました:ヨウ素-131については1平方メートルあたり7500ベクレル、セシウム-137については1平方メートルあたり1200ベクレル。ヨウ素-131の堆積量が報告された他県においては、1日あたり、1平方メートルあたり28~860ベクレルの範囲でした。セシウム-137については、範囲が1平方メートルあたり2.5~86ベクレルでした。

東京都の新宿区では、3月27日のヨウ素-131の1日あたりの堆積量が1平方メートルあたり220ベクレルで、セシウム-137については1平方メートルあたり12ベクレルでした。

昨日と比べて、ガンマ線の線量率で著しい変化は45の県では全く報告されませんでした。一般に、ガンマ線の線量率は、ヨウ素-131のような短寿命な放射性核種の崩壊により、減少する傾向があります。

IAEAの2つのチームが現在日本において観測を行っています。1つのチームが東京の8つの位置でガンマ線の線量率を測定しています。ガンマ線の線量率の測定値は毎時0.08~0.15マイクロシーベルトの範囲で、それは通常の範囲もしくはそれをわずかに超えています。もう1つのチームは福島原子力発電所から30~41km離れた場所で追加測定をしました。これらの位置では、線量率が毎時0.9~17マイクロシーベルトの範囲でした。同じ位置で、ベータ-ガンマ汚染測定の結果は1平方メートルあたり0.03~3.1メガベクレルの範囲でした。

日本政府によるガンマ線の線量率の航空測量の最初の結果はIEC(Incident and Emergency Centre)によって受け取られました。これらは分析中であり、より詳細なデータを受け取ったときに発表されるでしょう。

協定世界時3月24日22:55から協定世界時3月25日03:32までの間に行われた、沖合30kmについての海洋環境のモニタリングからの新しいデータは、セシウム-137とヨウ素-131の両方の減少を示しています。これらの場所での汚染は、空中の放射性降下物の堆積物だけでなく、原子炉の放水口からの汚染された海水の移動による影響を受けます。海上で測定された放射線の線量率は、変わらず低いままです(毎時0.04から0.1マイクロシーベルトの間)。トゥールーズ大学のSIROCCOグループから受けとったモデル予測の最初の結果が評価されている途中です。

ヨウ素-131の測定濃度に基づく飲料水の摂取制限に関する勧告は、7つの場所(1箇所は大人と幼児の両方に対して、6箇所は幼児に対して)に残っています。

食品汚染に関しては、5つの県が採取した3月23日から25日の間にサンプルにおいて、未加工の生乳の中にヨウ素-131が見つかりました。しかし、日本政府が定めた規制値よりずっと低いものです。また、セシウム-137は、3月23日に千葉県で採取された未加工の生乳のサンプルの中で検出されました。しかし、日本の規制値よりずっと低いレベルです。セシウム-137は他の4つの県で3月24~25日に採取されたいずれのサンプルの中でも検出されませんでした。

3月22日、24~25日に採取されたサンプルに基づいて、3つの県(千葉、茨城、および栃木)が、セロリ、パセリ、ホウレンソウ、および他の葉菜類の中の、日本政府が定めた規制値を超えたヨウ素-131を報告しました。また、3月24日に栃木県で取られたホウレンソウの1個のサンプルの中に規制値を超えたセシウム-137が検出されましたが、残りの2つの県においては、結果は規制値以下でした。

FAO/IAEA合同食品安全アセスメントチームは土曜日に東京に着きました。それは、食品の汚染が検出された様々な県の担当者に会うでしょう。チームは、今日の早朝、福島に向けて出発しました。その使節団は、支援し、そしてサンプリングの手続き、分析の手順、これまで集められたデータ、および汚染された食品を規制するために日本政府によって取られる行動についてアドバイスを提供するでしょう。

原文

IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (27 March 2011, 13:30 UTC)

1. Current Situation

The situation at the Fukushima Daiichi plant remains very serious.

The restoration of off-site power continues and lighting is now available in the central control rooms of Units 1, 2 and 3. Also, fresh water is now being injected into the Reactor Pressure Vessels (RPVs) of all three Units.

Radiation measurements in the containment vessels and suppression chambers of Units 1, 2 and 3 continued to decrease. White "smoke" continued to be emitted from Units 1 to 4.

Pressure in the RPV showed a slight increase at Unit 1 and was stable at Units 2 and 3, possibly indicating that there has been no major breach in the pressure vessels.

At Unit 1, the temperature measured at the bottom of the RPV fell slightly to 142 °C. At Unit 2, the temperature at the bottom of the RPV fell to 97 °C from 100 °C reported in the Update provided yesterday. Pumping of water from the turbine hall basement to the condenser is in progress with a view to allowing power restoration activities to continue.

At Unit 3, plans are being made to pump water from the turbine building to the main condenser but the method has not yet been decided. This should reduce the radiation levels in the turbine building and reduce the risk of contamination of workers in the turbine building restoring equipment.

No notable change has been reported in the condition of Unit 4.

Water is still being added to the spent fuel pools of Units 1 to 4 and efforts continue to restore normal cooling functions.

Units 5 and 6 remain in cold shutdown.

We understand that three workers who suffered contamination are still under observation in hospital.

2. Radiation Monitoring

Dose rates at the Fukushima site continue to trend downwards.

In 28 of the 45 prefectures for which data are available, no deposition of radionuclides was detected in the period 18 to 25 March. In seven of the other 17 prefectures, the estimated daily deposition was less than 500 becquerel per square metre for iodine-131 and less that 100 becquerel per square metre for caesium-137.

On 26 March, the highest values were observed in the prefecture of Yamagata: 7 500 becquerel per square metre for iodine-131 and 1200 becquerel per square metre for caesium-137. In the other prefectures where deposition of iodine-131 was reported, the daily range was from 28 to 860 becquerel per square metre. For caesium-137, the range was from 2.5 to 86 becquerel per square metre.

In the Shinjyuku district of Tokyo, the daily deposition of iodine-131 on 27 March was 220 becquerel per square metre, while for caesium-137 it was 12 becquerel per square metre.

No significant changes were reported in the 45 prefectures in gamma dose rates compared to yesterday. In general, gamma dose-rates tend to decrease due to the decay of short-lived radionuclides such as iodine-131.

Two IAEA teams are currently monitoring in Japan. One team made gamma dose-rate measurements in the Tokyo region at 8 locations. Gamma dose-rates measured ranged from 0.08 to 0.15 microsievert per hour, which is within or slightly above the normal background. The second team made additional measurements at distances of 30 to 41 km from the Fukushima nuclear power plant. At these locations, the dose-rates ranged from 0.9 to 17 microsievert per hour. At the same locations, results of beta-gamma contamination measurements ranged from 0.03 to 3.1 Megabecquerel per square metre.

The first results of aerial surveys of gamma dose-rates by the Japanese authorities have been received by the Incident and Emergency Centre. These are being analysed and will be presented when more detailed data have been received.

New data from monitoring of the marine environment, carried out from 24 March, 22:55 UTC to 25 March, 03:32 UTC about 30 km offshore, show a decrease in both caesium-137 and iodine 131. The contamination at these locations is influenced by aerial deposition of fallout as well as by the migration of contaminated seawater from the discharge points at the reactor. The measured radiation doses rates above the sea remain consistently low (between 0.04 and 0.1 microsievert per hour). The first results of model predictions received from the SIROCCO Group at the University of Toulouse are being assessed.

Recommendations relating to the restriction of drinking water consumption, based on measured concentrations of iodine-131, remain in place in seven locations (in one location for both adults and infants, and in six locations for infants).

As far as food contamination is concerned, samples taken from 23 to 25 March in five prefectures showed iodine-131 in unprocessed raw milk, but the levels were far below the regulation values set by the Japanese authorities. Caesium-137 was also detected in samples of unprocessed raw milk taken on 23 March in Chiba prefecture, but at levels far below the Japanese regulation values. Caesium-137 was not detected in any of the samples taken from 24-25 March in the other four prefectures.

Based on samples taken on 22 and 24-25 March, three prefectures (Chiba, Ibaraki and Tochigi) reported iodine-131 in celery, parsley, spinach and other leafy vegetables above the regulation values set by the Japanese authorities. Caesium-137 was also detected above the regulation values in one sample of spinach taken on 24 March in Tochigi prefecture, but in the remaining two prefectures, the results were below regulation values.

The Joint FAO/IAEA Food Safety Assessment Team arrived in Tokyo on Saturday. It will meet regulatory officials in various prefectures where food contamination has been detected. The team left for Fukushima early today. The Mission will assist and provide advice on sampling protocols, analytical procedures, data collected to date and actions taken by the Japanese authorities for the control of contaminated foods.

原文URL

IAEA:IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (27 March 2011, 13:30 UTC)

【theme : 原発事故
【genre : ニュース

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。