スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(3月28日14時30分)の翻訳

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(3月28日14時30分)を日本語訳してみた。

誤訳は大目に見てください。

日本語訳

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(2011年3月28日、協定世界時14時30分)

2011年3月28日月曜日、IAEAのグラハム・アンドリュー科学技術担当補佐官は、日本における原子力安全の現在の状態について以下の状況説明を提供しました:

1. 現在の状況

マグニチュード6.5の地震が3月27日、協定世界時22時23分に本州の東海岸の近くで起こりました。原子力安全・保安院は、女川原子力発電所における異常な放射線の計測はなかったことを確認しました。女川原子力発電所は、震源地に最も近い発電所で、3月11日の地震以来3個のユニットが冷温停止したままです。今日の協定世界時2時30分の時点で、最新の地震の出来事に関連する日本の原子力発電所における問題の報告はありませんでした。

全体的に、福島第一原発において、未だ状況は非常に深刻です。

原子力安全・保安院は、1~4号機のタービン建屋で水源と経路を決定するための東京電力とのミーティングが計画されていることをIECに知らせました。汚染された労働者に見られるように、タービン建屋の高線量率と地下の汚染水は復旧作業を妨げることもありえます。

1号機のタービン建屋の地階からの主復水器への汚染水の汲み上げは進行中です。それにひきかえ、2号機では、蒸気復水器が満杯なので、その過程が始まっていません。3号機では、汚染水の汲み上げ、特にその水がどこに行くのかが考慮中です。その問題は4号機に対しても検討中です。

給水ノズルと原子炉圧力容器の下部で測定された温度は、1号機と2号機でわずかに減少し続けています。例外として、1号機の原子炉圧力容器の給水ノズルの温度は、274℃までわずかに増加しました。

1号機の原子炉圧力容器への真水の汲み上げが、3月29日に、消防自動車の使用から、外部電源で動く仮設電動ポンプに切り替わる予定なのは前向きな進展です。2号機では、この切り替えが3月27日に行われて、外部電源が中断された場合のバックアップとしてディーゼル発電機が使われます。また、現在、消防自動車による汲み上げであるものの、真水は絶え間なく3号機の原子炉圧力容器に注がれています。仮設電動ポンプへの切り替えは今日、計画されています。

3月27日、3号機において、水がコンクリートポンプ車を使用することで使用済み核燃料プールの中に撒かれ、海水も使用済み核燃料冷却装置を通して注入されました。明日、使用済み核燃料プールの中に真水をポンプで注入しはじめることが計画されています。

明日から4号機の使用済み核燃料プールの中に真水をポンプで送り始めることも計画されています。

5号機と6号機は冷温停止のままです。

今日の日本の正午に、前回の状況説明で言及した3人の作業員が、入院していた放射線医学総合研究所から退院しました。 行われた分析の結果は、彼らのうち2人が受けた局所被曝のレベルが2,000~3,000ミリシーベルト(すなわち、2,000~6,000ミリシーベルトという前回の見積りよりいくらか低い)であることを示します。

2. 放射線モニタリング

3月27日に、9つの県でヨウ素-131の堆積が検出され、4つの県でセシウム-137の堆積が検出されました。最も高い値は栃木県で観測され、ヨウ素-131については1平方メートルあたり320ベクレル、セシウム-137については1平方メートルあたりの73ベクレルでした。ヨウ素-131の堆積が3月27日に報告された他県においては、1平方メートルあたりの6.4~110ベクレルの範囲でした。セシウム-137については、1平方メートルあたりの16~61ベクレルの範囲でした。東京都の新宿区では、3月27日のヨウ素-131の1日あたりの堆積量が1平方メートルあたり100ベクレルでした。セシウム-137については、1平方メートルあたり36ベクレルでした。昨日と比べて、45県でガンマ線の線量率の著しい変化は全く報告されませんでした。

2つのIAEAチームが、現在、日本の環境における放射能濃度と放射能を監視しています。1つのチームが3つの位置で東京と千葉の地域でガンマ線の線量率を測定しました。 ガンマ線の線量率は毎時0.08~0.13マイクロシーベルトの範囲であり、通常時の値の範囲内かわずかに超えています。2番目のチームは福島原子力発電所から30~46kmの距離で追加測定をしました。これらの位置では、線量率は毎時0.5~3マイクロシーベルトの範囲でした。同じ位置では、ベータ-ガンマ汚染測定の結果は1平方メートルあたり0.02~0.3メガベクレルの範囲でした。

3月26日に採取された海水サンプルについて、30km沖合の海上モニタリングステーションから新しい結果を受け取りました。レベルは大部分の位置で減少しました。ヨウ素-131について、4つのモニタリングステーションの集約結果は1リットルあたり6~18ベクレルの間でした。セシウム-137については、1リットルあたり「検出の下限」と16ベクレルとの間でした。海面で測定した線量率は毎時0.04~0.1マイクロシーベルトの間の比較的低いままです。

3月26日、放水口の東方330メートル地点の上で集められたサンプルは、濃度の上昇を示しました。ヨウ素-131については1リットルあたりの74,000ベクレル、セシウム-134については1リットルあたり12,000ベクレル、セシウム-137については1リットルあたり12,000ベクレルでした。

状況が急速に変化するかもしれないので、海洋食品中の予想濃度についての結論を導き出すには早すぎます。モデリングの結果は、破損した原子炉から放出した液体の初期の北東への流出を示しています。

飲料水の中のヨウ素-131とセシウム-137の監視は継続しています。ヨウ素-131は、日本政府によって監視され、福島県で採取された10個のサンプルのうち2個で1リットルあたり60ベクレルと90ベクレルでした。茨城県では、ヨウ素-131が9個のサンプルのうち2個で検出され、1リットルあたり40ベクレルと90ベクレルでした。幼児による飲料水の摂取についての日本の限界は、1リットルあたり100ベクレルです。

食品汚染に関しては、3月26日~27日の間に6つの県(福島、群馬、茨城、新潟、栃木、および山形)で報告されたサンプルは、アスパラガス、キャベツ、セロリ、エゾネギ、きゅうり、なす、にら、きのこ、パセリ、トマト、ホウレンソウ、その他の葉菜類、いちご、およびスイカの中のヨウ素-131を報告しました。3月24日に福島県で採取された花ワサビのサンプルの1つが日本政府によって定められた規制値を超えていました。また、セシウム-137が、同じ花ワサビのサンプルの中において規制値を超えて測定されました。それ以外では、残りの5つの県で、セシウム-137は検出されなかったか、または結果が規制値の下にありました。

FAO/IAEA合同食品安全アセスメントチームは日曜日に福島で地方公共団体に会って、食品汚染に関連する問題について議論しました。その議論には、食物や環境の中の放射性核種に対する基準やサンプリング方法の設計、土壌から植物への放射性核種の転移、および緩和戦略を含みます。また、FAO/IAEAチームは、今日、茨城県で地方公共団体に会いました。彼らは、明日、栃木と群馬において、地方公共団体の担当者とのミーティングを開くでしょう。

原文

IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (28 March 2011, 14:30 UTC)

On Monday, 28 March 2011, Graham Andrew, Special Adviser to the IAEA Director General on Scientific and Technical Affairs, provided the following briefing on the current status of nuclear safety in Japan:

1. Current Situation

An earthquake of magnitude 6.5 occurred at 22:23 UTC on 27 March near the east coast of Honshu. NISA has confirmed that there have been no abnormal radiation readings at the Onagawa nuclear power plant, the closest to the epicentre, whose three units remain in cold shutdown since the earthquake of 11 March. As of 02:30 UTC today, there were no reports of any problems at nuclear plants in Japan related to the latest seismic event.

Overall at the Fukushima Daiichi plant, the situation is still very serious.

NISA informed the IEC that a meeting is planned with TEPCO to determine the origin and path of water in the turbine buildings of Units 1 to 4. As seen with the contaminated workers, high dose rates in the turbine buildings and contaminated water in the basements can hamper recovery efforts.

The pumping of contaminated water from the basement floor of Unit 1's turbine building into its main condenser is in progress, whereas at Unit 2 that process has not begun because the steam condenser is full. At Unit 3, the pumping of contaminated water and in particular where it is going, are under consideration. The issue is also being examined for Unit 4.

Temperatures measured at the feed water nozzle and at the bottom of the Reactor Pressure Vessel (RPV) continue to decrease slightly at Units 1 and 2, except the temperature at the feed water nozzle of Unit 1's RPV, which has slightly increased to 274 °C.

A positive development is that the pumping of fresh water into the reactor pressure vessel of Unit 1 is to switch from the use of fire trucks to temporary electrical pumps running on offsite power on 29 March. At Unit 2, this switch was carried out on 27 March, with a diesel generator as backup in case offsite power is interrupted. Fresh water is also being injected continuously into the reactor pressure vessel of Unit 3, albeit currently pumped by fire trucks. The switch to temporary electrical pumps for this unit is planned for today.

On 27 March at Unit 3, water was sprayed into the spent fuel pool using a concrete pump truck, and seawater was also pumped in through the spent fuel cooling system. It is planned to start pumping fresh water into the spent fuel pool tomorrow.

It is also planned to commence pumping freshwater into the spent fuel pool of Unit 4 from tomorrow.

Units 5 and 6 remain in cold shutdown.

At noon today in Japan, the three workers mentioned in previous briefings were released from the National Institute of Radiological Sciences where they had been kept under observation. The result of analyses performed indicates that the level of localised exposure received by two of them is between 2,000 and 3,000 millisievert (i.e. somewhat lower than the previous estimate of 2,000 to 6,000 millisievert).

2. Radiation Monitoring

On 27 March, deposition of iodine-131 was detected in 9 prefectures, and deposition of cesium-137 in 4 prefectures. The highest values were observed in the prefecture of Tochigi with 320 becquerel per square metre for iodine-131 and 73 becquerel per square metre for caesium-137. In the other prefectures where deposition of iodine-131 was reported, on 27 March, the range was from 6.4 to 110 becquerel per square metre. For caesium-137, the range was from 16 to 61 becquerel per square metre. In the Shinjyuku district of Tokyo, the daily deposition of iodine-131 on 27 March was 100 becquerel per square metre, while for caesium-137 it was 36 becquerel per square metre. No significant changes were reported in the 45 prefectures in gamma dose rates compared to yesterday.

Two IAEA teams are currently monitoring radiation levels and radioactivity in the environment in Japan. One team made gamma dose-rate measurements in the Tokyo and Chiba region at 3 locations. Gamma-dose rates measured ranged from 0.08 to 0.13 microsievert per hour, which is within or slightly above the background. The second team made additional measurements at distances of 30 to 46 km from the Fukushima nuclear power plant. At these locations, the dose rates ranged from 0.5 to 3 microsievert per hour. At the same locations, results of beta-gamma contamination measurements ranged from 0.02 to 0.3 Megabecquerel per square metre.

New results from the marine monitoring stations 30 km off-shore were received for seawater samples taken on 26 March. The levels decreased at most of the locations. For iodine-131 the concentration results for four monitoring stations are between 6 to 18 becquerel per litre, and for caesium-137 between "below limit of detection" and 16 becquerel per litre. The dose rates measured on the sea surface remain relatively low between 0.04 and 0.1 microsievert per hour.

Samples collected on 26 March 330 metres east of the discharge point showed increasing concentrations. There were found to be 74,000 becquerel per litre for iodine-131, 12,000 becquerel per litre for caesium-137, and 12,000 becquerel per litre for caesium-134.

It is still too early to draw conclusions for expected concentrations in marine food, because the situation can change rapidly. Modelling results show an initial north-eastern transport of liquid releases from the damaged reactors.

Monitoring of iodine-131 and cesium-137 in drinking water is on-going. Iodine-131 has been monitored by the Japanese authorities in 2 of 10 samples taken in the Fukushima prefecture with values of 60 and 90 becquerel per litre. In the Ibaraki prefectures, iodine-131 was detected in 2 of 9 samples, the values were 40 and 90 becquerel per litre. The Japanese limits for the ingestion of drinking water by infants is 100 becquerel per litre.

As far as food contamination is concerned, samples reported from 26 to 27 March in six prefectures (Fukushima, Gunma, Ibaraki, Niigata, Tochigi and Yamagata) reported iodine-131 in asparagus, cabbage, celery, chive, cucumber, eggplant, leek, mushrooms, parsley, tomato, spinach and other leafy vegetables, strawberries and watermelon. One sample of hana wasabi taken on 24 March in Fukushima prefecture was above the regulation values set by the Japanese authorities. Caesium-137 was also measured above the regulation value in the same sample of hana wasabi, but in the remaining five prefectures, caesium-137 was not detected or the results were below regulation values.

The Joint FAO/IAEA Food Safety Assessment Team met with local government authorities in Fukushima on Sunday and discussed issues related to food contamination, including standards and sampling plan designs for radionuclides in food and the environment, radionuclide transfer from soil to plants, and mitigation strategies. The FAO/IAEA team also met with the local authority in Ibaraki prefecture today. They will have meetings with local government officials in Tochigi and Gunma tomorrow.

原文URL

IAEA:IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (28 March 2011, 14:30 UTC)

【theme : 原発事故
【genre : ニュース

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。