スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(3月30日16時30分)の翻訳

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(3月30日16時30分)を日本語訳してみた。

誤訳は大目に見てください。

日本語訳

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(2011年3月30日、協定世界時16時30分)

2011年3月30日水曜日、IAEAは、日本における原子力安全の現在の状態について以下の情報提供しました:

1. 現在の状況

全体的に、福島第一プラントにおいて、状況は非常に深刻なままです。

タービン建屋に存在する水について。1号機では、3個のポンプ(それぞれ6.5トン毎時)を用いて復水器の中に水がポンプで送られ続けました。そして、水位は40cmから20cmまで減少しました。2号機では、協定世界時7時45分より、復水貯蔵タンクからサージタンクの中への水のポンプでの移し替えが始められたので、復水器から復水貯蔵タンクに水を抜くことができて、タービン建屋から復水器に汚染水を汲み出すことができます。復水器から復水貯蔵タンクに水をポンプで送るのと同じ過程は、3月28日協定世界時8時40分に3号機で始められました。

3号機建屋の近くでは、残留熱除去系(RHR)の上の海水系配管からフランジを取り除く際、 3人の作業員が、自分たちの上に水をこぼしました。浴びた後に、汚染は検出されませんでした。

1号機で給水配管を通して、計器に示された流量が8.0立方メートル毎時で継続体に原子炉圧力容器(RPV)に真水が注入されました。RPVへの真水の汲み上げは、消防自動車から、仮設電動ポンプとディーゼル発電機に切り換えられました。2号機と3号機では、消火配管を通して計器に示された流量が7立方メートル毎時で仮設電気ポンプを使って真水が継続的に注入されています。

1号機のRPVの給水ノズルにおいて計器に示された温度は、323℃から281℃に減少し、RPVの下部においては134℃で安定した状態を保ちました。対応するドライウェル圧力の減少があります。2号機では、RPVの給水ノズルにおいて計器に示された温度は、154℃から177℃に増加し、RPVの下部で78℃から88℃に増加しました。計器に示されたドライウェル圧力は大気圧のままです。3号機に関しては、RPVの給水ノズルにおいて計器に示された温度は約75℃であり、RPVの下部においては約116℃です。給水ノズルでのRPV温度測定の正当性はまだ調査中です。

使用済み核燃料プールに関して、3月29日からコンクリートポンプ車による1号機の使用済み核燃料プールの中へのポンプによる水の注入を実行することが計画されました。同じく3月29日に、2号機の使用済み核燃料プールの中への仮設電気ポンプを通しての真水の注入が始まりました。 3月29日協定世界時19時00分時点において、使用済み核燃料プールの温度は46℃です。4号機に関しては、3月29日に使用済み核燃料プールの中への真水のポンプによる注入を実行することが計画されていました。IAEAは、1号機と4号機における撒水活動の実施についての情報を受け取っていません。

5号機と6号機は冷温停止のままです。

2. 放射線モニタリング

飲料水の中の最近測定された放射能レベルの大部分は、日本政府によって規定された基準値を下回っていると報告されています。その基準値は、I-131が幼児に対して100Bq/L、大人に対して300Bq/Lであり、Cs-137が幼児および大人に対して200Bq/Lです。飲料水に関する制限について以前に出された勧告は影響を受けた場所の大部分で解除されています。3月28日現在、I-131濃度に基づく制限に関する勧告は福島県の1つの村に残されています。福島県の他の3つの場所では、制限が、幼児だけに適用し続けています。

2つのIAEAチームが、現在、日本で環境における放射能濃度と放射能を監視しています。3月29日に、1つのチームが、東京圏内の8箇所でガンマ線の線量率を測定しました。 測定されたガンマ線の線量量は毎時0.02~0.19マイクロシーベルトの範囲でした。その量は、通常の範囲内かわずかに超えています。

2番目のチームは、北方、福島原子力発電所から北西の方向、32~62kmの距離で追加測定をしました。これらの位置では、線量率が毎時0.5~6.8マイクロシーベルトの範囲でした。 同じ位置では、ベータ-ガンマ汚染測定の結果が1平方メートルあたり0.05~0.45メガベクレルの範囲でした。

3月18日~26日の間、福島原子力発電所から25~58km遠方の9つの自治体でサンプルが採取された土壌中のI-131とCs-137の測定値に基づいて、ヨウ素-131とセシウム-137の総堆積量について計算しました。 結果は、ヨウ-131とセシウム-137の総堆積量の著しい空間的変動を示します。これらの位置における平均総堆積量が測定され、ヨウ素-131については1平方メートルあたり0.2~25メガベクレルの範囲であり、セシウム-137については1平方メートルあたり0.02~3.7メガベクレルの範囲でした。最高値は福島原子力発電所から北西の比較的小さい地域で見つかりました。最初の評価では、避難のためのIAEAの運用基準の1つが飯舘村で超えられているのを示します。私たちは、慎重に状況にアクセスするよう相手方にアドバイスしました。 彼らは、既に評価していることを示しました。

食品汚染に関しては、9つの県(千葉、群馬、茨城、神奈川、長野、新潟、埼玉、栃木、および山形)において、、様々な野菜、果物(いちご)、シーフード、豚肉、および未加工の生乳に対して3月25~29日に採取された35のサンプルは、ヨウ素-131、セシウム-134、およびセシウム-137についての結果は日本政府によって定められた規制値より下であるか検出されなかったことがはっきりしました。

FAO/IAEA合同食品安全アセスメントチームは、3月29日に栃木県で地方公共団体の担当者に会い、食物と環境の汚染に関するアドバイスを提供しました。

地方公共団体の担当者は、栃木における汚染の範囲、影響を受けた主要農産物、主な生産地域、生産方法(温室、屋外)、見つかった汚染のレベル(主に、大気中、水道水/地下水の中、および野菜の中)、および土壌汚染を監視する差し迫った計画について、FAO/IAEAチームに現況を報告しました。また、現地調査は宇都宮市郊外のホウレン草生産者に対して行われました。

栃木県庁とのこれらの最新の議論に基づき、FAO/IAEA合同使節団の焦点は汚染のメカニズムから修復戦略、植物や動物の生産に関連する技術、食品のトレーサビリティ、および水/土壌特性にある程度変更されたように見えます。

また、FAO/IAEAチームは、今日、群馬県の地方公共団体の担当者に会っています。

3月27日以来、放水口の近くからだけでなく30km沖合の海上モニタリングステーションからも新しい結果は報告されませんでした。

モナコ海洋研究所のIAEA職員のひとりが、3月31日に海洋環境を評価する日本のチームに加わるために、日本へ飛行機で向かうでしょう。

IAEAは通常のビデオ/電子会議を通して、国際機関の放射線緊急事態管理統合計画の下で活動を続けています。3月30日現在、WHOの渉外担当は、IECで働いています。

測定に関するデータに対する要求に応答して、IECはシンガポールから情報を受け取りました。 シンガポール政府は日本から輸入された食物(キャベツ)の中の測定値に関するレポートを送りました。国際貿易で勧告された国際食品規格の値を上回ったサンプルがいくつかありました。 シンガポールでは、ガンマ線の線量率の増加は全く観測されず、核分裂生成物は大気サンプルの中に発見されませんでした。

原文

IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (30 March 2011, 16.30 UTC)

On Wednesday, 30 March 2011, the IAEA provided the following information on the current status of nuclear safety in Japan.

1. Current Situation

Overall at the Fukushima Daiichi plant, the situation remains very serious.

With respect to the water that is present in the turbine buildings. In Unit 1, water has continued to be pumped into the condenser with 3 pumps (6.5 ton/hour each) and the water level has reduced from 40cm to 20cm. In Unit 2 from 07.45 UTC, pumping of water from the Condensate Storage Tank into the Surge Tank was started so that the that condenser can be drained to the Condensate Storage Tank and contaminated water can be pumped out from the Turbine building into the condenser. The same process of pumping the water from the Condensed Water Storage Tank into the Surge Tank was started on Unit 3 at 08.40 UTC on 28 March.

Near the Unit 3 building, 3 workers spilled water over themselves when removing a flange from seawater pipes on the residual heat removal system (RHR). After showering, contamination was not detected.

Fresh water has been continuously injected into the Reactor Pressure Vessel (RPV) through feed-water line at an indicated flow rate of 8.0 m3/h at Unit 1. The pumping of freshwater into the RPV has been switched from fire trucks to temporary electrical pumps with diesel generator. At Units 2 and 3 fresh water is being injected continuously through the fire extinguisher line at an indicated rate of 7 m3/h using a temporary electric pump.

The indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV of Unit 1 has decreased from 323 °C to 281 °C and at the bottom of RPV remained stable at 134 °C. There is a corresponding decrease in Drywell pressure. At Unit 2 the indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV has increased from 154 °C to 177 °C and at the bottom of RPV has increased from 78 °C to 88 °C. Indicated Drywell pressure remains at atmospheric pressure. For Unit 3 the indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV is about 75 °C and at the bottom of RPV is about 116 °C. The validity of the RPV temperature measurement at the feed water nozzle is still under investigation.

With respect to the Spent Fuel Pools, it was planned to commence the pumping of water into the Unit 1 Spent Fuel Pool by concrete pumping truck from 29 March. Also, on 29 March pumping of fresh water into the Unit 2 spent fuel pool commenced via a temporary electrical pump. The temperature of the spent fuel pool is 46 °C as of 19:00 UTC, 29 March. For Unit 4 it was planned to commence pumping freshwater into the spent fuel pool on March 29. The IAEA has not received information on implementation of spraying activities in units 1 and 4.

Units 5 and 6 remain in cold shutdown

2. Radiation Monitoring

The majority of the recently measured radioactivity levels in drinking water are being reported below the levels established by the Japanese authorities which are 100 Bq/L of I-131 for infants; 300 Bq/L for adults and 200 Bq/L of Cs-137 for infants and adults. Previously imposed recommendations for restrictions on drinking water are being lifted in most of the affected locations. As of 28 March, recommendations for restrictions based on I-131 concentration remain in place in one village in the Fukushima prefecture. In three other locations of the Fukushima prefectures, restrictions continue to apply for infants only.

Two IAEA teams are currently monitoring radiation levels and radioactivity in the environment in Japan. On 29 March, one team made gamma dose-rate measurements in the Tokyo region at 8 locations. Gamma-dose rates measured ranged from 0.02 to 0.19 microsievert per hour, which is within or slightly above the background.

The second team made additional measurements at distances of 32 to 62 km, at directions North to Northwest from the Fukushima nuclear power plant. At these locations, the dose rates ranged from 0.5 to 6.8 microsievert per hour. At the same locations, results of beta-gamma contamination measurements ranged from 0.05 to 0.45 Megabecquerel per square metre.

Based on measurements of I-131 and Cs-137 in soil, sampled from 18 to 26 March in 9 municipalities at distances of 25 to 58 km from the Fukushima Nuclear Power Plant, the total deposition of iodine-131 and cesium-137 has been calculated. The results indicate a pronounced spatial variability of the total deposition of iodine-131 and cesium-137. The average total deposition determined at these locations for iodine-131 range from 0.2 to 25 Megabecquerel per square metre and for cesium-137 from 0.02-3.7 Megabecquerel per square metre. The highest values were found in a relatively small area in the Northwest from the Fukushima Nuclear Power Plant. First assessment indicates that one of the IAEA operational criteria for evacuation is exceeded in Iitate village. We advised the counterpart to carefully access the situation. They indicated that they are already assessing.

As far as food contamination is concerned, 35 samples taken from 25-29 March, and reported on 29 March, for various vegetables, fruit (strawberry), seafood, pork and unprocessed raw milk in nine prefectures (Chiba, Gunma, Ibaraki, Kanagawa, Nagano, Niigata, Saitama, Tochigi and Yamagata), stated that results for iodine-131, caesium-134 and caesium-137 were either not detected or were below the regulation values set by the Japanese authorities.

The Joint FAO/IAEA Food Safety Assessment Team met with local government officials in Tochigi prefecture on 29 March and provided advice related to contamination of food and the environment.

Local government officials briefed the FAO/IAEA Team on the extent of contamination in Tochigi, the principle agricultural products affected, the main production areas and production methods (greenhouses, open-air), levels of contamination found (principally in air, tap/ground water and vegetables) and imminent plans to monitor soil contamination. A field visit also took place to a spinach producer outside Utsanomiya City.

Based on these latest discussions with the Tochigi authorities, it is apparent that the focus of the Joint FAO/IAEA mission has changed to some extent from the mechanisms of contamination to remediation strategies and techniques related to plant and animal production, food traceability and water/soil characterization.

The FAO/IAEA team is also meeting with the local government officials in Gunma prefecture today.

No new results from the marine monitoring stations 30 km off-shore as well as from close to the discharge, were reported since 27 March.

One IAEA staff member of the Monaco marine laboratory will fly to Japan on 31 March in order to join the Japanese team assessing marine environment.

The IAEA continues activities under the Joint Radiation Emergency Management Plan of the International Organisations through regular video/teleconferences. As of 30 March the WHO liaison officer is working in the IEC.

In response to the request for data on measurement, the IEC has received information from Singapore. The Singapore Authorities have sent reports on measurements in food imported from Japan (cabbages). Some samples were over the Codex Alimentarius values recommended for international trade. In Singapore no increase in gamma dose rates have been observed and no fission products have been found in air samples.

原文URL

IAEA:IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (30 March 2011, 16:30 UTC)

動画

【theme : 原発事故
【genre : ニュース

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。