スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(4月1日14時30分)の翻訳

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(4月1日14時30分)を日本語訳してみた。

誤訳は大目に見てください。

日本語訳

福島の事故に関するIAEAの状況説明(2011年4月1日、協定世界時14時30分)

1. 現在の状況

全体的に、福島第一プラントにおいて、状況は非常に深刻なままです。

1号機復水器は満杯です。タービン建屋地下で水を復水器に移す準備として、3月31日3時0分(協定世界時)以来、復水貯蔵タンクの中の水を圧力抑制プールのサージタンクに移しています。トレンチの水は、集中環境施設プロセス主建屋の水タンクへ移されました。2号機のタービン建屋地下からの水の除去の準備として、復水器から圧力抑制プール水のサージタンクまでの水の汲み上げは3月29日7時45分(協定世界時)に始まりました。3号機について、復水器から圧力抑制プール水のサージタンクへの水の汲み上げは、3月28日8時40分(協定世界時)に開始され、3月30日23時37分(協定世界時)に完了しました。

1号機については、給水配管を通してディーゼル発電機と仮設電動ポンプを使用して、計器で示された8立方メートル毎時の流量で、原子炉圧力容器(RPV)に継続的に真水が注入されました。 2号機においては、ディーゼル発電機と仮設電動ポンプを使用して、計器で示された8立方メートル毎時の流量で、消火配管を通して継続的に真水が注入されます。 3号機においては、ディーゼル発電機と仮設電動ポンプを使用して、およそ7立方メートル毎時で、消火配管を通して継続的に炉心へ真水が注入されています。

1号機のRPVの給水ノズルとRPVの下部における、計器で示された温度はそれぞれ256℃と128℃で安定しています。RPV圧力とドライウェル圧力にはわずかな減少があります。2号機のRPVの給水ノズルにおける、計器で示された温度は165℃で安定しています。RPVの下部の温度は報告されませんでした。計器で示されたドライウェル圧力は大気圧のままです。3号機のRPVの給水ノズルにおける計器で示された温度もまた101℃で安定しており、RPVの下部においても112℃で安定しています。計器で示されたドライウェル圧力はわずかに大気圧より高いままです。給水ノズルのRPV温度測定の正当性はまだ調査中です。

コンクリートポンプ車による1号機使用済み核燃料プールへの注水は3月31日4時3分(協定世界時)に開始されました。3号機の使用済み核燃料プールには3月31日に、4号機の使用済み核燃料プールには4月1日に、コンクリートポンプ車により真水が撒水されました。

5号機と6号機は冷温停止のままです。

2. 放射線モニタリング

3月31日、ヨウ素-131の堆積は8県で、セシウム-137の堆積は10の県で、日本政府によって検出されました。ヨウ素-131の堆積量が3月31日に報告された県において、その値の範囲は1平方メートルあたり29~1350ベクレルでした。セシウム-137については、範囲は1平方メートルあたり3.6~505ベクレルでした。 東京都の新宿区では、1日あたりの堆積量が、ヨウ素-131については1平方メートルあたり50ベクレルであり、セシウム-137については1平方メートルあたり68ベクレルでした。 昨日と比べたガンマ線の線量率において45県で著しい変化は報告されませんでした。3月28日時点で、飲料水の制限についての勧告が福島県の2箇所に導入されており、幼児に対してだけ制限が適用され続けています。IAEAの監視チームは福島第一原子力発電所の西部9箇所での追加測定を行いました。測定位置は福島原子力発電所から30~58キロメートルの距離でした。 線量率は毎時0.4~2.3マイクロシーベルトの範囲でした。同じ位置で、ベータ-ガンマ汚染測定の結果が1平方メートルあたり0.01~0.49メガベクレルの範囲でした。3月の最終週ずっと東京でモニター測定をしていたもう一つのチームは、その活動を終了しました。

昨日の私たちの状況説明以来、食品汚染に関する重要なデータが日本の厚生労働省によって3月31日に報告されています。報告された分析結果はの3月15日に採取された2個のサンプルと3月27~31日の109個のサンプルを含んでいました。

8つの都県(千葉、福島、群馬、茨城、神奈川、新潟、栃木、および東京)における様々な野菜、ホウレンソウ、他の葉菜類、果物(いちご)、シーフード、様々な肉(牛肉、鶏肉、および豚肉)、および未加工の生乳についての111個のサンプルのうち98個の分析結果は、ヨウ素-131、セシウム-134、およびセシウム-137が検出されなかったか、または日本政府によって定められた規制値よりも下にあったことを示しました。しかしながら、ホウレンソウ、および他の葉菜類、パセリ、および牛肉について、全111個のサンプルのうち残りの13個について、千葉県、福島県、茨城県および栃木県における分析結果は、ヨウ素-131、そして/または、セシウム-134とセシウム-137が日本政府によって定められた規制値を超えていることを示したと報告されました。

以下の制限が導入されています(厚生労働省・報道発表資料2011年3月21日および23日):

福島: 葉菜類(ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、かき菜、小松菜、ホウレンソウを含んでいる)、かぶ、および未加工の生乳の出荷と摂取。
茨城: ホウレンソウ、かき菜、パセリ、および未加工の生乳の出荷。
群馬: ホウレンソウとかき菜の出荷。
栃木: ホウレンソウとかき菜の出荷。

FAO/IAEA合同食品安全アセスメントチームは3月31日、その任務を終了し、その報告を日本の内閣府、外務省、厚生労働省、および農林水産省に提示しました。そのチームに属するIAEAのメンバーは本日、ウィーンに帰還中です。

日本政府との合意のもと、機関(訳注:IAEAを指す?)は原子炉の専門家2人を日本に急いで派遣するでしょう。彼らは、4月4日月曜日以降から、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、東京電力、および他の日本の同様な機関との会合を開くでしょう。この訪問の目的は、日本人の技術者と情報交換して、福島第一原子炉の現在の状態、実施される対策、および事故を軽減する将来の計画に関する生の情報を得ることです。

以下の国は、監視データをIAEAのIEC(Incident and Emergency Centre)に提供しました - ベルギー、ブルガリア、カナダ、フィンランド、フランス、ギリシア、アイルランド、イタリア、マレーシア、ロシア連邦、スペイン、スイス、およびシンガポール。

原文

IAEA Briefing on Fukushima Accident (1 April 2011, 14.30 UTC)

On Friday, 1 April 2011, the IAEA provided the following information on the current status of nuclear safety in Japan.

1. Current Situation

Overall at the Fukushima Daiichi plant, the situation remains very serious.

The Unit 1 condenser is full. In preparation for transferring water in the basement of the turbine building to the condenser, water in the condenser storage tank is being transferred to the suppression pool surge tank since 31 March, 03:00 UTC. Water in the trench was transferred to a water tank at the central environmental facility process main building. In order to prepare for removal of the water from the turbine building basement in Unit 2, pumping of water from the condenser to the suppression pool water surge tank started at 07:45 UTC 29 March. For Unit 3 pumping of water from the condenser to suppression pool water surge tank was started at 08:40 UTC March 28 and was completed at 23:37 UTC on 30 March.

For Unit 1 fresh water has been continuously injected into the Reactor Pressure Vessel (RPV) through the feed-water line at an indicated flow rate of 8 m3/h using a temporary electric pump with diesel backup. In Unit 2 fresh water is injected continuously through the fire extinguisher line at an indicated rate of 8 m3/h using a temporary electric pump with diesel backup. In Unit 3 fresh water is being injected continuously at about 7 m3/h into the reactor core through the fire extinguisher line using a temporary electric pump with diesel backup.

The indicated temperatures at the feed water nozzle of the RPV and bottom of RPV on Unit 1 are stable at 256 °C and 128 °C respectively. There is a slight decrease in RPV and Drywell pressures. The indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV of Unit 2 is stable at 165 °C. The temperature at the bottom of the RPV was not reported. Indicated Drywell pressure remains at atmospheric pressure. The indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV in Unit 3 is stable at 101 °C and at the bottom of RPV is also stable at 112 °C. Indicated Drywell pressure remains slightly above atmospheric pressure. The validity of the RPV temperature measurement at the feed water nozzle is still under investigation.

The pumping of water into the Unit 1 Spent Fuel Pool by concrete pumping truck was started at 04:03 UTC on 31 March. Fresh water was sprayed to the spent fuel pool at the Unit 3 by the concrete pump on 31 March and to the spent fuel pool on Unit 4 on the 1st April.

Units 5 and 6 remain in cold shutdown

2. Radiation Monitoring

On 31 March, deposition of iodine-131 was detected by the Japanese authorities in 8 prefectures, and deposition of cesium-137 in 10 prefectures. In these prefectures where deposition of iodine-131 was reported, on 31 March, the range was from 29 to 1350 becquerel per square metre. For caesium-137, the range was from 3.6 to 505 becquerel per square metre. In the Shinjyuku district of Tokyo, the daily deposition for iodine-131 was 50 becquerel per square metre and for cesium-137 it was 68 becquerel per square metre. No significant changes were reported in the 45 prefectures in gamma dose rates compared to yesterday. As of 28 March, recommendations for restrictions on drinking water are in place at two locations in the Fukushima prefecture and restrictions continue to apply for infants only. The IAEA monitoring team made additional measurements at 9 locations West of Fukushima-Daiichi NPP. The measurement locations were at distances of 30 to 58 km from the Fukushima nuclear power plant. The dose rates ranged from 0.4 to 2.3 microsievert per hour. At the same locations, results of beta-gamma contamination measurements ranged from 0.01 to 0.49 Megabecquerel per square metre. The other team who had made monitoring measurements in Tokyo during the last week, has finished its activities.

Since our written briefing of yesterday, significant data related to food contamination was reported on 31 March by the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare. Reported analytical results covered 2 samples taken on 15 March and 109 samples from 27-31 March. Analytical results for 98 of the 111 samples for various vegetables, spinach and other leafy vegetables, fruit (strawberry), seafood, various meats (beef, chicken and pork) and unprocessed raw milk in eight prefectures (Chiba, Fukushima, Gunma, Ibaraki, Kanagawa, Niigata, Tochigi, and Tokyo), indicated that iodine-131, caesium-134 and caesium-137 were either not detected or were below the regulation values set by the Japanese authorities. However, it was reported that analytical results in Chiba, Fukushima, Ibaraki and Tochigi prefectures for the remaining 13 of the total 111 samples for spinach and other leafy vegetables, parsley and beef indicated that iodine-131 and/or caesium-134 and caesium-137 exceeded the regulation values set by the Japanese authorities.

The following restrictions are in place (Ministry of Health, Labour and Welfare Press Releases 21 and 23 March 2011):

Fukushima: Distribution and consumption of leafy vegetables (including broccoli, cabbage, cauliflower, kakina, komatsuna and spinach), turnip and unprocessed raw milk.
Ibaraki: Distribution of spinach, kakina, parsley and unprocessed raw milk.
Gunma: Distribution of spinach and kakina.
Tochigi: Distribution of spinach and kakina.

The Joint FAO/IAEA Food Safety Assessment Team has completed its mission and presented its report to the Japanese Cabinet Office, Ministry of Foreign Affairs, Ministry of Health, Labour and Welfare and the Ministry of Agriculture, Fisheries and Forestry on 31 March. The IAEA members of the Team are returning to Vienna today.

The Agency, in agreement with the Japanese government, will dispatch two reactor experts to Japan. They will hold meetings with the Nuclear Safety Commission, NISA, TEPCO and other Japanese counterparts from Monday 4 April onwards. The objective of this visit is to exchange views with Japanese technical experts and to get first-hand information about the current status of reactors at Fukushima Daiichi, measures being taken and future plans to mitigate the accident.

The following countries have provided the monitoring data to the IAEA's Incident and Emergency Centre - Belgium, Bulgaria, Canada, Finland, France, Greece, Ireland, Italy, Malaysia, Russian Federation, Spain, Switzerland and Singapore.

原文URL

IAEA:Fukushima Nuclear Accident Update Log:IAEA Briefing on Fukushima Accident (1 April 2011, 14.30 UTC)
slideshare:IAEA Briefing on Fukushima Accident (1 April 2011, 14.30 UTC)
Facebook:IAEA Briefing on Fukushima Accident (1 April 2011, 14.30 UTC)

【theme : 原発事故
【genre : ニュース

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。