福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(4月3日12時00分)の翻訳

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(4月3日12時00分)を日本語訳してみた。

誤訳は大目に見てください。

日本語訳

福島原発事故に関するIAEAの状況説明(2011年4月3日、協定世界時12時00分)

1. 現在の状況

全体的に、福島第一プラントにおいて、状況は非常に深刻なままです。

4月2日、1号機タービン建屋地下で水を復水器に移送する準備として、1号機復水貯蔵タンクから圧力抑制プールのサージタンクへの水の移送は完了しました。同じく4月2日、1号機タービン建屋地下で水を復水器に移送する準備として、2号機復水貯蔵タンクから圧力抑制プールのサージタンクまでの水の移送が開始されました。

2番目の米国海軍のはしけ船は「ろ過水タンク」に移すための真水を運んで4月2日に到着しました。

東京電力は、2号機のタービン建屋から海までの一つの可能性のある流出経路を特定しました。その経路は、海水を取水するポンプおよび原子炉とタービン建屋への用水の供給のための電力を供給するのに使用される一連のトレンチ/トンネルを経由するものです。4月2日7時25分(協定世界時)の時点で、水の流出を止めるためにコンクリートの注入が始められました。4月2日10時15分(協定世界時)の時点で、コンクリートの注入は終わりましたが、流出の度合いに大きな減少が全く観測されませんでした。流出を止めるためにポリマーを注入する計画があります(訳注:その後、実行されたが効果がなかった)。東京電力は、2号機付近のピットで見つかった亀裂による高度に汚染された水の流出の検出に続いて、福島第一と福島第二から15キロメートルのところで3つのさらなるサンプル採取場所を追加したことを、4月2日に発表しました。

ディーゼル発電機と仮設電動ポンプを使用して給水配管を通して計器に示された8立方メートル毎時の流量で1号機の原子炉圧力容器(RPV)に真水が継続的に注入されました。ディーゼル発電機と仮設電動ポンプを使用して消火配管を通して、2号機と3号機にそれぞれ計器に示された9立方メートル毎時と7立方メートル毎時の流量でそれぞれのRPVに真水が継続的に注入されています。

1号機では、RPVの給水ノズルとRPVの下部における計器に示された温度は安定しており、それぞれ117℃、259℃です。RPV圧力の計器による表示は変動しており、ドライウェル圧力はわずかに減少しています。2号機では、RPVの給水ノズルの計器に示された温度は161℃から153℃にわずかに減少しました。RPVの下部の温度は報告されませんでした。計器に示されたドライウェル圧力は大気圧のままです。3号機のRPVの給水ノズルの計器に示された温度は118℃で安定していて、RPVの下部では約92℃です。給水ノズルのRPV温度測定の正当性はまだ調査中です。

仮設ポンプを使用した、2号機の使用済み核燃料プールの中への注水が、4月1日に再開されました。

5号機と6号機

5号機と6号機は、プラントのシステムが外部交流電源を操作している状態で、冷温停止のままです。

共通の使用済み核燃料貯蔵場所

共通の使用済み核燃プールの温度は安定しています。東京電力は4月1日に共通の使用済み核燃料貯蔵施設の周囲500平方メートルの領域で「散乱防止」の薬剤(2000リットル)を試験しました。散布する目的は、放射性粒子が風や雨によってプラントから拡散するのを防止することです。

2. 放射線モニタリング

4月2日、ヨウ素-131の堆積が7つの県に検出され、その量は1平方メートルあたり4~95ベクレルの範囲でした。6つの県のセシウム-137の堆積量が、1平方メートルあたり15~47ベクレルからの範囲であると4月2日に報告されました。45県で報告されたガンマ線の線量率は、昨日と比べての著しい変化を全く見せませんでした。

飲料水に関する制限について以前に出された勧告の大部分は解除されました。4月2日の時点で、ヨウ素-131濃度に基づく制限についての1つの勧告が福島県の1つの村に導入されていました。その勧告は、幼児だけに適用されるものです。その間、この村でも、飲料水の中のヨウ素-131レベルは幼児による摂取に対する勧告された制限レベルである1リットルあたり100ベクレルより下n低くに下がりました。制限は、地方公共団体の予防措置としてまだ導入中です。

現在、1つのIAEAの監視チームが福島の地域で働いています。4月2日に、福島原子力発電所の北北西32~62キロメートルの距離にある7箇所で測定を行いました。線量率は毎時0.6~4.5マイクロシーベルトの範囲でした。同じ位置では、ベータ-ガンマ汚染測定の結果が1平方メートルあたり0.09~0.46メガベクレルの範囲でした。

3. 沸騰水型原子炉(BWR)の専門家

IAEAが派遣した2人のBWR技術の専門家は日本に到着しました。この専門家の訪問の目的は、日本側と直接的な情報交換を行うことです。

4. 東京電力社員

東京電力は3月11日の地震以来行方不明である2人の社員を調査し続けていました。原子力安全・保安院は、3月30日の午後、4号機のタービン建屋地下1階でその2人の社員が死亡していたのが発見されたと4月2日に報告しました。

原文

IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (3 April 2011, 12:00 UTC)

1.Current Situation at the plant

Overall at the Fukushima Daiichi plant, the situation remains very serious.

On 2nd April, transferring of water from the Unit 1 condenser storage tank to the surge tank of the suppression pool was completed in preparation for transferring water in the basement of the Unit 1 turbine building to the condenser. Also on the 2nd April Transferring of water from the Unit 2 condenser storage tank to the surge tank of the suppression pool was started in preparation for transferring water in the basement of the Unit 1 turbine building to the condenser.

A second US Navy barge arrived on 2nd April carrying fresh water to be transferred to the 'filtered water tank'.

TEPCO has identified a possible leakage path from the Turbine building of Unit 2 to the sea via a series of trenches/tunnels used to provide power to the sea water intake pumps and supply of service water to the reactor and turbine buildings. As of 2nd April 07:25 UTC the pouring of concrete was started in an attempt to stop the water leakage. As of 2nd April 10:15 UTC, pouring of concrete had ceased and no significant decrease in the rate of leakage was observed. There is a plan to inject polymer to attempt to stop the leakage. TEPCO announced on 2nd April that, following the detection of highly contaminated water leaking through a crack found in a pit near Unit 2, they had added 3 additional sampling points at 15km from Fukushima Daiichi and Fukushima Daiini.

Fresh water has been continuously injected into the Reactor Pressure Vessel of Unit 1 through the feed-water line at an indicated flow rate of 8 m3/h using a temporary electric pump with diesel backup. Fresh water is being injected continuously into the RPVs in Units 2 and 3 at indicated rates of 9 m3/h and 7 m3/h respectively through the fire extinguisher lines using temporary electric pumps with diesel backup.

In Unit 1 the indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV is relatively stable at 259°C and at the bottom of RPV at 117°C. The RPV pressure indications are fluctuating and Drywell pressure is slightly decreasing. In Unit 2 the indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV has decreased slightly from 161°C to 153°C. The temperature at the bottom of RPV was not reported. Indicated Drywell pressure remains at atmospheric pressure. The indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV in Unit 3 is stable at 118°C and at the bottom of the RPV is about 92°C. The validity of the RPV temperature measurement at the feed water nozzle is still under investigation.

Injection of water into the spent fuel pool in Unit 2 using the temporary pump was restarted on 1st April.

Units 5 and 6

Both units remain in cold shutdown with plant systems operating on off-site AC power.

Common Spent Fuel Storage Facility

The Common Spent Fuel Pool temperature is stable. TEPCO tested an 'anti-scattering' agent (2000 l) on 500 m2 area around the Common Spent Fuel Storage facility on 1st April. The purpose of spraying is to prevent radioactive particles from being dispersed from the plant by winds and rain.

2. Radiation Monitoring

On 2nd April, deposition of iodine-131 was detected in 7 prefectures ranging from 4 to 95 becquerel per square metre. Deposition of cesium-137 in 6 prefectures was reported on 2nd April ranging from 15 to 47 becquerel per square metre. Reported gamma dose rates in the 45 prefectures showed no significant changes compared to yesterday.

Most of the previously imposed recommendations for restrictions on drinking water have been lifted. As of 2nd April, one recommendation for the restriction based on iodine-131 concentration was in place in one village in the Fukushima prefecture, which applied for infants only. Meanwhile, also in this village, the iodine-131 level in drinking water has dropped below 100 becquerel per litre, which is the recommended restriction level for intake by infants. The restriction is still in place as a precautionary measure of the local authority.

Currently, one IAEA monitoring team is working in the Fukushima region. On 2 April, measurements were made at 7 locations at distances of 32 to 62 km, North and Northwest to the Fukushima nuclear power plant. The dose rates ranged from 0.6 to 4.5 microsievert per hour. At the same locations, results of beta-gamma contamination measurements ranged from 0.09 to 0.46 megabecquerel per square metre.

3. BWR experts

The two agency experts in BWR technology have arrived in Japan. The objective of this expert visit is to have a direct exchange of views with the Japanese counterparts.

4. TEPCO Employees

TEPCO had been investigating two employees who had been missing since the earthquake of 11th March. On 2nd April NISA reported that on the afternoon of 30th March the two employees were found dead in the -1 Level of the Turbine Building of Unit 4.

原文URL

IAEA:Fukushima Nuclear Accident Update Log:IAEA Briefing on Fukushima Accident (3 April 2011, 12:00 UTC)
Facebook:IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (3 April 2011, 12:00 UTC)

【theme : 原発事故
【genre : ニュース

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示