福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(2011年4月5日14時00分)の翻訳

福島の原発事故に関するIAEAの状況説明(4月5日14時00分)を日本語に翻訳してみた。

誤訳は大目に見てください。

和訳

福島原発事故に関するIAEAの状況説明(2011年4月5日、協定世界時14時00分)

1. 現在の状況

全体的に、福島第一プラントにおいて、状況は非常に深刻なままです。

4月3日、1号機タービン建屋地下の水を復水器に移送する準備として、1号機復水器から復水貯蔵タンクへの水の移送が開始されました。4月2日、1号機タービン建屋(訳注:2号機の間違い?)の地下の水を復水器に移送する準備として、2号機復水器から復水貯蔵タンクへの水の移送が開始されました。

東京電力は、2号機のタービン建屋から海までの一つの可能性のある流出経路を特定しました。その経路は、海水を取水するポンプおよび原子炉とタービン建屋への用水の供給のための電力を供給するのに使用される一連のトレンチ/トンネルを経由するものです。4月4日、水がどこから来るのかを決定するためにトレーサーが使用されました。今までのところ、海へ流出する水の中で、そのトレーサーは観察されていません。

1号機では、外部電源と仮設電動ポンプを使用して給水配管を通して計器に示された6立方メートル毎時の流量で原子炉圧力容器(RPV)に真水が継続的に注入されています。2号機と3号機では、外部電源と仮設電動ポンプを使用して消火配管を通して、それぞれ計器に示された9立方メートル毎時と7立方メートル毎時の流量でそれぞれのRPVに真水が継続的に注入されています。

1号機では、RPVの給水ノズルにおける計器に示された温度は243℃から234℃へ下がり、RPVの下部における温度は115℃で安定していました。RPV圧力の計器による表示は変動しており、ドライウェル圧力は安定しています。2個のチャンネルに対するRPV圧力の計器による表示は異なっています。2号機に関しては、RPVの給水ノズルの計器に示された温度は142℃で安定しています。RPVの下部における温度は報告されませんでした。計器に示されたドライウェル圧力は大気圧のままです。3号機では、RPVの給水ノズルにおいて計器に示された温度は114℃で安定しており、RPVの下部における計器に示された温度は約85℃です。給水ノズルのRPV温度測定の正当性はまだ調査中です。

2号機では、4月4日に使用済み核燃料プールへの使用済み核燃料冷却系ラインを通して仮設ポンプによってさらなる水が注入されました。 4号機では、4月3日にコンクリート圧送機によって使用済み核燃料プールに180トンの真水が撒かれました。

5~6号機および共通の使用済み核燃貯蔵施設における状態の変化は全くありませんでした。

2. 放射線モニタリング

4月3日、ヨウ素-131とセシウム-137の両方の堆積が7つの県で検出されました。ヨウ素-131の値は1平方メートルあたり2.4~82ベクレルの範囲であり、セシウム-137の値は1平方メートルあたり5.2~57ベクレルの範囲でした。
4月4日、ヨウ素-131の堆積が7つの県で検出され、1平方メートルあたり3.1~75ベクレルの範囲でした。6つの県でのセシウム-137の堆積は1平方メートルあたり7.4~46ベクレルの範囲でした。46の県の報告されたガンマ線の線量率は、昨日と比べての著しい変化が全く見られませんでした。

4月3日の時点で、ヨウ素-131とセシウム-134/137はそれぞれ8と5つの県で検出可能でした。すべての値が飲料水の制限のための勧告の引き金となるレベルのかなり下にありました。4月3日の時点で、I-131(100Bq/l)に関連する幼児のための制限が福島県の1つの村だけに設定されています。その制限はまだ予防措置として設定されています。

現在、IAEAの監視チームは福島の地域で働いています。4月5日に、福島原子力発電所の南南西、16~41kmの距離の7箇所において測定を行いました。線量率は毎時0.3~31マイクロシーベルトの範囲でした。同じ位置では、ベータ-ガンマ汚染測定の結果が1平方メートルあたり0.01~3.2メガベクレルの範囲でした。最も高い線量率とベータ-ガンマ汚染は福島原子力発電所の最も近い位置で測定されました。

昨日の私たちの書面での状況説明以来、食品汚染に関連するデータは4月4日に日本の厚生労働省によって報告されました。これらの報告された分析結果は、3月31日(4個のサンプル)、4月1日、3日、および4日(20個のサンプル)に採取された合計24個のサンプルを含んでいました。5つの県(群馬、茨城、新潟、埼玉、および栃木)の様々な野菜、果物(いちご)、および魚介類についての24個のサンプルのすべての分析結果は、ヨウ素-131、セシウム-134、そして/または、セシウム-137が検出されなかったか、または日本政府によって設定された規制値の下にあったことを示唆しました。

FAO/IAEA食品安全アセスメントチームは任務を完了して、ウィーンに戻りました。チームは福島における原発の緊急事態によって最も影響を受ける4つの県(福島、茨城、栃木、および群馬)の農業部門における関連地方公共団体担当者と利害関係者に会いました。チームは、その地方の状況について知らされ、関連技術資料を提供されました。

3月31日、東京で、チームは日本の内閣府、外務省、厚生労働省、および農林水産省に報告しました。チームは、4月1日に彼らの任務から戻りました。

海水は、第一原子力発電所の1~4号機と5~6号機の排水エリアの近くに毎日集められます。そのデータは、4月1日~3日に1~4号機のI-131については約66kBq/lから24kBq/lへ、Cs-134とCs-137の両方については10kBq/lから21kBq/lへ減少傾向を示しています。また、5号機と6号機の濃度もまた4月3日まで減少傾向を示しました。これらの値は、4月4日に日本政府によって認可された低レベル汚染水の放出の前に、これらの値は測定されました。

原子力発電所の約30キロメートル東の8箇所のサンプル採取場所における沖の調査についての新しいデータが提供されました。濃度は、I-131については5~18Bq/lの間、Cs-137については大体1~11Bq/lの間です。福島第二の約35キロメートル南の、南部の沿岸の横断調査の新しい適用範囲に関しては、最高濃度がI-131について約38Bq/l、Cs-137について4.5Bq/lが、南部の海岸の最も近くのサンプル採取場所で検出されました。すべてのサンプル採取場所での濃度は、時間が経つにつれて減少しました。

3. IAEAの活動

2人のIAEAから派遣された沸騰水型原子炉(BWR)技術の専門家が日本にいます。3番目のIAEAから派遣された専門家が、週末に東京電力とのさらなる会合を行うために、東京で彼らと合流するでしょう。

原文

IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (5 April 2011, 14:00 UTC)

1. Current Situation

Overall, the situation at the Fukushima Daiichi plant remains very serious.

On 3rd April, transferring of water from the Unit 1 condenser to the condenser storage tank was started in preparation for transferring water in the basement of the Unit 1 turbine building to the condenser. On 2nd April, transferring of water from the Unit 2 condenser to the condenser storage tank was started in preparation for transferring water in the basement of the Unit 1 turbine building to the condenser.

TEPCO has identified a possible leakage path from the Turbine building of Unit 2 to the sea via a series of trenches/tunnels used to provide power to the sea water intake pumps and supply of service water to the reactor and turbine buildings. On 4th April, a tracer was used in an attempt to determine where the water was coming from. So far, the tracer has not been observed in the water leaking into the sea.

In Unit 1 fresh water has been continuously injected into the reactor pressure vessel through feed-water line at an indicated flow rate of 6 m3/h using a temporary electric pump with off-site power. In Units 2 and 3 fresh water is being injected continuously into the RPVs through fire extinguisher line at indicated rates of 9 m3/h and 7 m3/h using a temporary electric pump with off-site power.

In Unit 1 the indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV decreased from 243 °C to 234 °C and at the bottom of RPV stable at 115 °C. The RPV pressure indications are fluctuating and Drywell pressure is stable. The RPV pressure indications for the 2 channels are diverging. For Unit 2 the indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV is stable at 142 °C. The temperature at the bottom of RPV was not reported. Indicated Drywell pressure remains at atmospheric pressure. In Unit 3 the indicated temperature at the feed water nozzle of the RPV is stable at 114°C and at the bottom of RPV is about 85 °C. The validity of the RPV temperature measurement at the feed water nozzle is still under investigation.

In Unit 2 additional water was injected via the Spent Fuel Cooling System line to the spent fuel pool by a temporary pump on April 4. In Unit 4, 180 T of fresh water was sprayed to the spent fuel pool by concrete pump on April 3rd.

There has been no change of status on Units 5-6 and the Common Spent Fuel Storage Facility.

2. Radiation monitoring

On 3rd April, deposition of both iodine-131 and cesium-137 was detected in 7 prefectures. The values for iodine-131 ranged from 2.4 to 82, for cesium-137 from 5.2 to 57 becquerel per square metre. On 4th April, deposition of iodine-131 was detected in 7 prefectures ranging from 3.1 to 75 becquerel per square metre. Deposition of cesium-137 in 6 prefectures ranging from 7.4 to 46 becquerel per square metre. Reported gamma dose rates in the 46 prefectures showed no significant changes compared to yesterday.

As of 3rd April, iodine-131 and cesium-134/137 was detectable in 8 and 5 prefectures respectively. All values were well below levels that would trigger recommendations for restrictions of drinking water. As of 3rd April, restrictions for infants related to I-131 (100 Bq/l) are in place in only one village of the Fukushima prefecture. The restriction is still in place as a precautionary measure.

Currently, the IAEA monitoring team is working in the Fukushima region. On 5th April, measurements were made at 7 locations at distances of 16 to 41 km, South and South West to the Fukushima nuclear power plant. The dose rates ranged from 0.3 to 31 microsievert per hour. At the same locations, results of beta-gamma contamination measurements ranged from 0.01 to 3.2 megabecquerel per square metre. The highest dose rates and beta gamma contaminations were measured at the location closest to the Fukushima Nuclear Power Plant.

Since our written briefing of yesterday, data related to food contamination was reported on 4 April by the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare. These reported analytical results covered a total of 24 samples taken on 31 March (4 samples) and 1st, 3rd and 4th April (20 samples). Analytical results for all of the 24 samples for various vegetables, fruit (strawberry) and seafood in five prefectures (Gunma, Ibaraki, Niigata, Saitama and Tochigi) indicated that iodine-131, caesium-134 and/or caesium-137 were either not detected or were below the regulation values set by the Japanese authorities.

The IAEA/FAO Food Safety Assessment Team has completed its tasks and returned to Vienna. The team met with relevant local government officials and stakeholders in the agriculture sector in the four prefectures (Fukushima, Ibaraki, Tochigi and Gunma) most affected by the nuclear emergency in Fukushima. The team were appraised on the local situation and provided relevant technical information.

On 31st March, the team reported to the Japanese Cabinet Office, the Ministry of Foreign Affairs, the Ministry of Health, Labour and Welfare, and the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries in Tokyo. The team returned from their mission on 1 April.

Seawater is collected daily close to the discharge areas of Units 1 - 4 and of Units 5 and 6 at the Dai-ichi NPP. The data show a decreasing trend from 1 to 3 April from about 66 kBq/l to 24 kBq/l for I-131 and 21 kBq/l to 10 kBq/l for both Cs-134 and Cs-137 at Units 1-4. The concentrations at Units 5 and 6 also showed a decreasing trend until 3 April. These values were measured before the discharge of low level contaminated water authorised by the Japanese Government on the 4th April.

New data were provided for the off-shore survey on 8 sampling points about 30 km east of the NPPs. Concentrations are between 5 and 18 Bq/l for I-131 and between roughly 1 and 11 Bq/l for Cs-137. For the new coverage of the coastal transect in the south, about 35 km south of Fukushima Daiini, the highest concentrations were detected at the sampling point closest to the coast in the south with about 38 Bq/l for I-131 and 4.5 Bq/l for Cs-137. The concentrations at all sampling points have decreased over time.

3. IAEA Activities

The two agency experts in BWR technology are in Japan. A third agency expert will join them in Tokyo to have additional meetings with TEPCO at the end of the week.

原文URL

IAEA:Fukushima Nuclear Accident Update Log:IAEA Briefing on Fukushima Accident (5 April 2011, 14:00 UTC)
Facebook:IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident (5 April 2011, 14:00 UTC)

【theme : 原発事故
【genre : ニュース

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示