スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話からスマートフォンへの乗り換えの参考になりそうな日経BPの記事

携帯電話からスマートフォンへの乗り換えの参考になりそうな日経BPの記事を紹介。

スマートフォンへの乗り換えに挑戦!

目次

日経BP:スマートフォンへの乗り換えに挑戦!

乗り換えで何が困る?素朴な疑問30(前編)

日経BP:スマートフォンへの乗り換えに挑戦!:乗り換えで何が困る?素朴な疑問30 (前編)

  • 従来の携帯電話と同様に通話やメールの家族割は使える?
  • 従来制料金プラント定額制料金プラン、ホントはどっちがお得?
  • メールはリアルタイム(プッシュ)で届く?
  • GmailやYahoo!以外のパソコン用プロバイダーメール(So-netや@niftyなど)はそのまま使える?
  • 今までより不便になることはある?
  • 電子書籍は読める?購入もできる?
  • パソコンに入っている音楽や動画は転送して視聴できる?
  • Twitterやmixi、Facebookなどのソーシャル系サービスは使える?
  • 赤外線通信は使える?使えない場合には代替手段はある?
  • おサイフケータイの機能に制限があるって本当?
  • スマートフォンで、プレイステーションのゲームが遊べるって本当?
  • NTTドコモのスマートフォンは4月以降SIMロックフリーになるらしいけど、それってどういうこと?何のメリットがあるの?
  • iPhoneはソフトバンクモバイル以外のキャリアから発売されないの?
  • 携帯電話から乗り換える際に、途中解約になると違約金を取られるってホント?
  • ケースなどのアクセサリーが豊富なのはどの端末?

乗り換えで何が困る?素朴な疑問30(後編)

日経BP:スマートフォンへの乗り換えに挑戦!:乗り換えで何が困る?素朴な疑問30 (前編)

  • アンドロイドスマートフォンだったらどの機種も同じように使えると思っていい?
  • iPod touchはiPhoneの代わりにならないの?
  • iPhoneとアンドロイドスマートフォンは何が違う?
  • クラウドって何?どんなサービスがあって、どんなことに使えるの?
  • ディズニーブランドのスマートフォンがあるって本当?
  • 携帯電話で見ていた携帯電話用サイトは開ける?
  • タッチ画面だとポケットに入れたとき誤操作しやすい?
  • パソコンを持っていないと使えない?
  • タッチパネルは指紋が気にならない?
  • クレジットカードがないとアプリを買えない?
  • 海外でも通話やインターネットは使える?
  • アプリを買う前に試用できないの?
  • ストラップは付けられないの?
  • バッテリーがすぐなくなるって本当?
  • スマートフォンの本体メモリーはどれくらい?

乗り換え前にやっとくこと/乗り換え時にやること

日経BP:スマートフォンへの乗り換えに挑戦!:乗り換え前にやっとくこと/乗り換え時にやること

  • 携帯電話で利用していた有料コンテンツ、サービスはどうすればいい?
  • 携帯電話で使っていたおサイフケータイはどうなる?
  • 同じキャリア内で機種変更した場合、メールアドレスはそのまま使える?
  • 機種変更に必要な書類は?
  • 他のキャリアから乗り換えた場合、メールアドレスを友人、知人に知らせるサービスはある?
  • アドレス帳の移行は?

日経BPの記事の出典は、戸田覚&アバンギャルド(著)『ケータイからスマートフォンに乗り換える本』(日経BP社、2011/03/29)です。記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

現在(2011年4月7日時点)も、目次に新しい記事が追加されています。

【theme : スマートフォン
【genre : 携帯電話・PHS

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。