純金積立比較のポイント

純金積立を比較する際の、いくつかのポイントを以下に列挙します。

手数料

複数の取扱会社の手数料を比較するとき、その個々の名目に惑わされず、手数料の合計がどうなるかに着目するのが基本です。純金積立の手数料体系については以下の記事を参考にしてください。

純金積立の手数料体系

保管方法

純金の保管方法には、特定保管消費寄託があります。

特定保管とは、顧客の資産を取扱業者の資産と分けて保管する方法です。取扱業者が倒産しても、顧客の預けた純金は保護されます(特定保管そのものがウソだった、というような悪質な業者でなければ)。

消費寄託とは、顧客の資産を取扱業者が自由に運用でき、顧客から要求されたとき同等の純金を返却するという保管方法です。そのため、販売会社が倒産すると、顧客の預けた純金は返却されない可能性があります。

安心度は特定保管のほうが上ですが、消費寄託は手数料が安くなるなど他の点で有利な場合があります。

一時休止

相場が高いと判断したとき、毎月の積立を一時的にストップできるかどうか。例えば、田中貴金属のG&Pプランナーでは一時休止ができず、毎月最低1,000円は積み立てるという取り決めになっています。

スポット購入

スポット購入とは、一般には、相場が安いと判断したときなど、購入したい時点で買い増すことをいいます。

例外として、エース交易の純金積立定額購入プランでは、特定期間(1ヶ月間)だけ増額する仕組みを「スポット購入」と呼んでおり、一般の意味とは異なるので注意が必要です。

【theme : 投資
【genre : 株式・投資・マネー

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示