スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外貨預金の代わりとして利用するFXの甘い罠

レバレッジ1倍のFX取引のほうが外貨預金よりも有利・・・理屈の上では。

レバレッジ1倍でFX(外国為替証拠金取引)を行えば、外貨預金と実質的に同じように運用できるだけでなく、手数料が割安な分だけ有利だと言われています。

確かに、「自制心をもって」最初から最後までレバレッジ1倍での運用に徹することができれば、FXによって外貨預金よりも有利に運用できる可能性は高いといえます。

しかしながら、多くの人々は、高レバレッジの誘惑に勝てず、その結果、外貨預金の手数料など比較にならないくらいの大損失を被るのではないかと、勝手に心配している次第です。

レバレッジとは

レバレッジとは、少ない力で大きなものを動かすテコの原理のことで、少ない資金でより大きな資金の取引を行うことです。

FXでは、証拠金を預けることで、その証拠金の数倍~数十倍もの金額の取引を行うことができます(金融庁の規制で、2010年8月よりレバレッジの上限は50倍。2011年8月1日以降は25倍になる予定)。

例えば、100万円を証拠金として預けたとき、500万円の取引を行えばレバレッジは5倍、5,000万円の取引を行えばレバレッジは50倍です。

1ドル80円のときにレバレッジ20倍で米ドルを買ったとします。もし1ドル84円まで上昇(プラス5%)すれば、証拠金の分だけの利益が得られます。逆に、1ドル76円(マイナス5%)まで下降すれば、証拠金はゼロになります(注:2010年2月より、FX業者に対してロスカット・ルールの整備・遵守が義務付けられ、現在ではある一定以上の損失で保有ポジションが強制的に決済されるようになっています)。ただし、手数料やスワップポイントは考慮していません。

レバレッジをかけた分だけ利益や損失が増幅されるところが、FXの魅力であり、また同時に怖ろしいところでもあります。

レバレッジ1倍のFX取引 ≒ 外貨預金

FXにおいて、「レバレッジ1倍」かつ「スワップポイント受取」の状態で運用すれば、それは実質的に外貨預金と同じです。

例えば、証拠金として100万円を預け、敢えて100万円の取引しか行わない。これがレバレッジ1倍の状態です。

また、二つの通貨の金利差によって生じる利益または損失をスワップポイントといいますが、金利の安い通貨で金利の高い通貨を買うと、その金利差の分だけスワップポイントを受け取ることができます。

FX業者の信託保全

信託保全とは、FX業者が、顧客から預かっている資産の管理を、自社資産とは分別して、信託銀行に委託することです。これにより、FX業者が破綻しても、顧客の資産は守られます。

さらに、信託法という法律により、信託銀行も自身の資産と信託資産とを分別管理しなければならないと定められています。よって、信託銀行が破綻した場合も、顧客の資産は守られます。

2010年2月から、FX業者の信託保全が義務化されました。

一方、外貨預金はペイオフ対象外のため、預金は保護されません。

信託保全の話を聞くと、FXのほうがむしろ安全ではないか?と思ってしまうわけです。

レバレッジ操作の敷居が低すぎる

FXにおける最大の危険は、やはり高レバレッジによる損失の増幅です。

さらに厄介なのは、実際のFX取引において、レバレッジをかけるのがとても簡単だということです。

  1. 証拠金として20万円入金
  2. USD/JPYを成行で5枚ほど買注文
  3. 約定

以上で、レバレッジ約20倍です(1米ドル=80円、1枚=1万米ドルで計算)。簡単でしょ?(笑)

特に初心者の場合、無自覚のまま、うっかりレバレッジをかけてしまうかもしれません。

個々では極めて低確率の事象が、少なくとも一つ起こる頻度は小さくない?

本当に危険はのは、むしろ、取引画面の操作にも慣れ、FXについての一通りの知識も身についてきた脱初心者の時期です。

最初のうちは外貨預金より手数料が安ければ良いという程度で始めても、遅かれ早かれ魔が差して、レバレッジを2倍にしてみたくなるものです。

2倍を3倍、さらには4倍にしても大した損失を被ることもなく、これなら5倍にしても大丈夫だろう、すると運良く値上がり益が出たりする。レバレッジの旨みが病みつきになり、俺って投資の才能があるんじゃね?と慢心する。こうして、レバレッジはいつの間にか数十倍に。

そんなある日、世界のどこかでブラック・スワン的大事件が発生し、為替は大暴落。そんなときに限って、面倒くさいからってストップ・ロスを掛けてなかったりして。

高レバレッジの誘惑には勝てない・・・人間だもの。

たとえ話として、あなた自身はFXのベテランで、それなりに利益を上げているとしましょう。

そんなあなたのところに、今まで投資とは無縁だった知人が、

「FXをやろうと思ってるんだけど、豪ドルってどう思う?」

と相談に来ました。

その知人がもしFXを始めたとしたら、彼もしくは彼女が高レバレッジに手を付ける可能性は、外貨預金を扱う銀行が破綻する確率よりも低いかどうか。

まあ、そういうことです。

参考URL

金融先物取引協会:FX取引の規制が変わります

【theme : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
【genre : 株式・投資・マネー

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。