国際収支とは

国際収支についてのメモ。

国際収支とは

ある国における国際収支とは、その国の居住者 (≒邦人) と非居住者 (≒外国人) との間で一定期間に行われた取引の記録です。

国際収支の取引記録は複式計上 (複式簿記ともいう) で行われます。つまり、貸方と借方に同じ金額を記載する方式です。物品・サービス・資産・負債などが国内から出て行く取引を貸方に記録し、逆にそれらが国内に入ってくる取引を借方に記録します。

国際収支は、経常収支資本収支に二分されます。大まかに言うと、物品・サービスの取引は経常収支に計上され、資産・負債の取引は資本収支に計上されます。

「経常収支+資本収支=0」という関係式 (一方がプラスなら他方はマイナスという関係) が常に成り立つというのが、国際収支の基本原則です。

例えば、自動車の輸出は、自動車という物品が国内から出て行くので、経常収支の貸方に記録されます。同時に、自動車の代金の決済取引が行われ、外貨が国内に入ってくるので、それが資本収支の借方に記録されます。このとき、両者の差し引きはゼロです。

一般に、経常収支に記録される取引は、経常収支と資本収支に計上されます (物品・サービスの取引と同時に決済取引が発生するから)。また、資本収支だけに記載される取引においては、資本収支の貸方と借方の両方に同額計上されます。

国際収支統計

財務省と日本銀行が共同で公表している国際収支統計では、収支を

  • 物品・サービス・所得の取引による収支。
  • 対外資産・負債の増減に関する取引による収支。
  • 移転 (=対価を伴わない取引。例えば、資金援助・贈与・送金など) による収支。

のように分類しています。そして、1番目の収支を経常収支に、2番目の収支は資本収支に振り分けています。3番目の収支は、経常移転収支と資本移転とに区分され、前者は経常収支に、後者は資本収支 (その他資本収支) に含まれます。

経常収支

国際収支統計における経常収支は、貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移転収支の合計として定義されます。経常収支を構成するそれぞれの収支については、以下のとおりです。

  • 貿易収支:物品の輸出と輸入による収支。
  • サービス収支:輸送・旅行等のサービスの授受による収支。
  • 所得収支:雇用者報酬・投資収益の受払による収支。
  • 経常移転収支:移転による収支のうち、資本移転以外のすべて。

貿易収支に関する統計は、財務省の貿易統計をもとに作成されます。また、貿易収支とサービス収支との合計を貿易・サービス収支といい、これは GDP (国内総生産) 統計の純輸出とほぼ一致します。

資本収支

資本収支は、居住者と非居住者との間での資産または負債の受払による収支です。資本収支は、投資収支とその他資本収支からなります。

  • 投資収支:株式・債券など金融資産の取引に関する収支。
  • その他資本収支:投資収支以外の資本収支。資本移転の項目を含む。

外貨準備増減と誤差脱漏

国際収支統計には、経常収支と資本収支のほかに、通貨当局 (=財務省と日本銀行) の管理下にある対外資産の増減を計上する外貨準備増減という項目があります。資本収支と外貨準備増減との合計を広義の資本収支といいます。

国際収支統計は複式計上方式で作成されるので、理屈としては「経常収支+資本収支+外貨準備増減=0」あるいは「経常収支+広義の資本収支=0」という関係式が成り立ちます。しかしながら、実際の統計の作成では、一つの取引について貸方と借方の取引を同時に把握することができないことがあります。その際、片方の取引を推計によらなければならないため、誤差が発生します。そのような誤差を調整するために 誤差脱漏 (ごさだつろう) という項目が設けられています。したがって、実際には「経常収支+資本収支+外貨準備増減+誤差脱漏=0」となります。

黒字と赤字

各々の収支について、貸方から借方を差し引いた金額が正であるとき、収支は黒字であるといいます。同様に、貸方から借方を差し引いた金額が負になるとき、収支は赤字であるといいます。

特に、経常収支が黒字 (あるいは赤字) であることを経常黒字 (あるいは経常赤字) といいます。また、貿易収支が黒字 (あるいは赤字) であることを貿易黒字 (あるいは貿易赤字) といいます。

資本の流出と流入

対外資産の増加 (あるいは、対外負債の減少) を資本の流出といい、対外負債の増加 (あるいは、対外資産の減少) を資本の流入といいます。

対外資産を保有する取引は資本収支の赤字要因、対外負債を負う取引は資本収支の黒字要因です。「経常収支+資本収支=0」より、

  • 経常収支が黒字 → 資本収支が赤字 → 対外資産の増加 = 資本の流出
  • 経常収支が赤字 → 資本収支が黒字 → 対外負債の増加 = 資本の流入
  • 資本収支のみに記載される取引 → 貸方と借方で差引ゼロ → 対外資産に変化なし

となります。

参考文献

  • 岩田規久男:国際金融入門 新版, 岩波書店, 2009.

参考URL

財務省:用語の解説
財務省:国際収支Q&A
日本銀行:「国際収支統計」の解説
Wikipedia:国際収支統計
日本銀行:国際収支・貿易関連統計
財務省:貿易統計

【theme : 国際経済
【genre : 政治・経済

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示