スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力学の基礎訓練

インターネット上で入手可能なテキストや資料に関する情報を自分のためにメモ。

Title: 力学の基礎訓練
Author: 西井淳
URL: http://bcl.sci.yamaguchi-u.ac.jp/~jun/index.php?Texts
Format: pdf

はじめに
書籍紹介
この文書の著作権について
第1章 基本単位とその概念
1.1 国際単位系
1.2 位置,変位,速度,加速度
1.2.1 位置と変位
1.2.2 速度
1.2.3 加速度
1.3 積分
1.3.1 不定積分
1.3.2 定積分
1.4 まとめ
第2章 力学の基本法則
2.1 運動の第一法則(慣性の法則)
2.1.1 慣性系と力*
2.2 運動の第二法則(加速度の法則)
2.2.1 順ダイナミクスと逆ダイナミクス
2.2.2 等速度運動
2.2.3 等加速度運動
2.2.4 運動と力
2.2.5 プリンキピアによる「運動の第二法則」の表現*
2.2.6 力の定義としての運動方程式*
2.2.7 運動の第二法則のまとめ
2.3 万有引力
2.3.1 重力加速度と重さ
2.3.2 万有引力の法則
2.3.3 重力加速度と万有引力定数
2.3.4 地球の重さ秤
2.3.5 放物運動
2.4 力の作用・分解・合力
2.4.1 力の作用
2.4.2 力の分解・合成と運動方程式
2.4.3 合力の幾何学的意味*
2.5 座標変換と見かけの力(慣性力)*
2.6 運動の第三法則(作用・反作用の法則)
2.7 Free-Body Diagrams と運動方程式
第3章 いろいろな力と運動
3.1 糸でつながった物体の運動
3.2 ばねによる運動
3.3 摩擦の法則
3.4 粘性抵抗
第4章 運動量,力積,力学的エネルギー,仕事
4.1 一定の力をうける物体の一次元運動
4.1.1 力×時間の作用:運動量と力積
4.1.2 力×変位(スカラー積)の作用:運動エネルギーと仕事
4.1.3 力が運動に与える影響
4.2 複数の力をうける物体の運動
4.3 ベクトルによる力積・仕事の議論*
4.3.1 運動量と力積
4.3.2 運動エネルギーと仕事
4.4 位置エネルギーと運動エネルギー
4.4.1 重力による仕事と位置エネルギー
4.4.2 力学的エネルギー保存則
4.4.3 保存力
4.4.4 重力が保存力であることの証明*
4.5 いろいろな力の位置エネルギー
4.5.1 ばねの位置エネルギー
4.5.2 万有引力の位置エネルギー
4.5.3 位置エネルギーから力を求める*
4.6 力学的エネルギーと外力のする仕事
4.6.1 力学的エネルギーと外力のする仕事
4.6.2 ベクトルによる力学的エネルギーと仕事の議論*
4.7 力学的エネルギーを減衰させる力
第5章 力を及ぼしあう質点の運動
5.1 運動量の保存
5.2 気体の温度とエネルギー保存則
5.3 2 つの質点の重心
5.4 質点の集団および剛体の重心
第6章 円運動
6.1 角度の単位と極座標系
6.1.1 弧度法と度数法
6.1.2 極座標系
6.2 向心力
6.3 単振り子
6.4 宇宙速度
6.5 2体問題:月の質量の量りかた
6.5.1 月までの距離の測りかた
6.5.2 月の質量
6.6 角運動量
第7章 剛体の運動
7.1 剛体上の質点の回転運動
7.1.1 トルク,慣性モーメント,運動方程式
7.1.2 角運動量
7.1.3 回転運動のベクトル表記*
7.2 剛体の回転運動
7.2.1 慣性モーメント
7.2.2 回転による運動エネルギー
7.2.3 連続体の慣性モーメント
7.3 剛体の運動
7.4 回転座標での見かけの力:遠心力
7.5 回転座標でのみかけの力:コリオリの力
参考文献
索引

【theme : 自然科学
【genre : 学問・文化・芸術

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。