WindowsにおけるファイルのMD5およびSHA-1による破損チェック

Windowsには、FCIV(File Checksum Integrity Verifier:ファイルチェックサム整合性検証ツール)という、コマンドラインで動作するMD5/SHA-1チェックツールがあり、マイクロソフトが配布しています。以下のページから入手可能です。

Availability and description of the File Checksum Integrity Verifier utility (マイクロソフト)

Installationのところの「Download the File Checksum Integrity Verifier utility package now」から、自己解凍形式(exe)の圧縮ファイルwindows-kb841290-x86-enu.exeをダウンロードします。

適当な場所に解凍すると、fciv.exeとREADME.txtが展開されます。それらを例えば、Cドライブの下に「fciv」という名前のフォルダを作成し、その下に置くことにします。

基本的な使い方について、少し前にリリースされたVine Linux 5.1のisoイメージをミラーサーバからダウンロードしたという状況を例に説明します。

Cドライブの下にtempというフォルダを作り、その中に「Vine51-i386-DVD.iso」と「Vine51-i386-DVD.iso.sha1sum」の二つのファイルをダウンロードします。後者(sha1sumファイル)には、前者(isoファイル)の正しいハッシュ値が記されています:

3f72b053fa32d3fd83d76e0712838dbf6dd6e483 vine51-i386-dvd.iso

「vine51-i386-dvd.iso」のハッシュ値を計算してみます。コマンドプロンプトを起動して、

> c:\fciv\fciv c:\temp\Vine51-i386-DVD.iso -sha1

ファイルの場所またはフォルダの場所を引数にとります。-sha1をオプションとして付加するとSHA-1によるハッシュ値を計算します。オプションを省略するか、-sha1のところを-md5にすると、MD5によるチェックを行います。

以下のような結果が表示されます。

//
// File Checksum Integrity Verifier version 2.05.
//
a9330ffe442268babde7e39b0d3625506460f6ab vine51-i386-dvd.iso

最終行の左側の文字列がSHA-1によるハッシュ値です。sha1sumファイルに書かれた値と異なっています。これにより、正常にダウンロードできなかったことがわかります。実際、ダウンロードしたisoファイルのプロパティを見てみると、本来は1.01GBあるべきはずのファイルが、531MBしかありません。ダウンロードしなおしです。

・・・という具合に利用できます。

さらに、フォルダの場所を引数にとれば、そのフォルダの直下にあるファイルのハッシュ値を計算します。

> c:\fciv\fciv c:\temp

「-r」オプションをつければ、下の階層にあるファイルのハッシュ値も計算します。

> c:\fciv\fciv c:\temp -r

参考URL

ハッシュ値を利用してファイルの同一性をチェックする - @IT
Vine Linux

【theme : Windows
【genre : コンピュータ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示