Google検索の基本テクニックをメモ

主にGoogleのウェブ検索における基本的なテクニックを自分のためにメモ。

結局のところ、検索オプションを使えばGoogleの検索機能をフル活用できる。いわば最終手段。

検索オプション
画像検索オプション
動画検索オプション

以下、通常の検索方法における基本テクニックを列挙。

検索キーワードによるフィルタリング

すべてを含む

両方のキーワードが含まれたサイトを表示(AND検索):

東京 大阪
東京 AND 大阪

三つのキーワードをすべて含むサイトを表示:

東京 大阪 福岡
東京 AND 大阪 AND 福岡

なお、「and」そのものを検索キーワードに含めたいときは、「+and」とすればよい:

東京 +and 大阪

いずれかを含む

いずれかのキーワードが含まれたサイトを表示(OR検索):

東京 OR 大阪
東京 | 大阪

「オリンピック 2012」または「オリンピック 2016」を検索:

オリンピック 2012 OR 2016
オリンピック 2012 | 2016

なお、「or」そのものを検索キーワードに含めたいときは、「+or」とすればよい:

東京 +or 大阪

「..」で数値の範囲指定:

オリンピック 2012..2016

アスタリスク(*)は、ワイルドカードとして機能する:

* 大学
早稲田 *
東京 * 大学

除外・限定

特定のキーワードを除外するには、キーワードの前にマイナス記号(-)をつける(NOT検索):

東京 -都

例えば「keyword」で検索するとデフォルトでは「キーワード」「keywords」も対象となる。厳密に「keyword」だけを対象にしたい場合には、単語を二重引用符(")で囲むか、プラス記号(+)を単語の前に付加する:

"keyword"
+keyword

複数のキーワードの並びを二重引用符(")で囲むと、指定した順序で一致する結果を表示する(フレーズ検索):

"404 File Not Found"

文書のファイルタイプを指定したいとき、例えばPDFファイルを探したいときは、以下のようにする:

レポート filetype:pdf

ウェブページの情報

ウェブページの情報

<meta name="description" content="○○">タグの情報を表示する模様。また、以下に述べる「ドメイン内検索」「保存されているキャッシュ」などの情報を統括する。

info:http://www.boj.or.jp/

ドメイン内検索

特定のサイト内に限定して検索。

マネーストック site:www.boj.or.jp

保存されているキャッシュを見る

cache:http://www.boj.or.jp/

ウェブページへリンクしているページの検索

link:http://www.boj.or.jp/

類似したページの検索

コンテンツの内容が類似している(とGoogleが判断した)ウェブページを表示。

related:http://www.boj.or.jp/

日本語では使えない機能(将来的には実装されるかも?)

定義を検索

define:search engine

なお、日本語で検索する場合、言葉の意味を知りたいときに「○○とは」で検索するというテクニックがよく知られている。

関連語を検索

チルダ「~」を単語の前につけると、関連語が対象になる。例えば

~car

で検索すると、「car」自身のほかに、「motor」「automobile」「BMW」などが対象になる。

その他の機能やサービス

Google 特殊な検索機能
Google サービス一覧

参考URL

Google Help : Cheat Sheet

【theme : Google関連
【genre : コンピュータ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示