スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル対サムスン 特許訴訟の年表

アップルとサムスンによる携帯端末 (スマートフォン、タブレット) の特許訴訟合戦が世界各地で展開されている。

2011年04月15日 アップル、サムスン製品の特許侵害を米・カリフォルニア州地裁に提訴。これが争いの始まり。

2011年08月09日 独デュッセルドルフ地裁、サムスンの意匠権侵害を理由に、GALAXY Tab 10.1のEU加盟国(オランダを除く)での販売差止の仮処分。アップル勝訴。
2011年08月24日 蘭ハーグ裁判所、バウンシング技術に関するサムスンの特許侵害を理由に、Galaxy S、Galaxy S2、Galaxy Aceの販売差止の仮処分(10月13日から発効)。アップル勝訴。
2011年09月09日 独デュッセルドルフ上級地裁、GALAXY Tab 10.1のドイツでの販売差止を支持。アップル勝訴。
2011年10月13日 豪連邦裁、GALAXY Tab 10.1販売差止の仮処分。アップル勝訴。
2011年10月14日 蘭ハーグ裁判所、3G通信技術に関するアップルの特許侵害を認めず。アップル勝訴。
2011年10月26日 伊ミラノ裁判所、iPhone 4S販売差止請求を棄却。アップル勝訴。
2011年11月30日 豪連邦裁、GALAXY Tab 10.1販売差止の仮処分を撤回。サムスン勝訴。
2011年12月02日 豪最高裁、GALAXY Tab 10.1販売差止の仮処分を12月9日まで延長。アップル勝訴。
2012年12月02日 米カリフォルニア州北部地区連邦地裁、Galaxy S 4G、Infuse 4G、Droid Charge、Galaxy Tab 10.1の販売差止請求を棄却。サムスン勝訴。
2011年12月09日 豪最高裁、GALAXY Tab 10.1販売差止請求を棄却。サムスン勝訴。
2011年12月09日 仏パリ大審院、iPhone 4S販売差止請求を棄却。アップル勝訴。

2012年01月20日 独マンハイム地裁、3G通信技術に関するアップルの特許侵害を認めず。アップル勝訴。
2012年01月24日 蘭ハーグ裁判所、GALAXY Tabの販売差止請求を棄却。サムスン勝訴。
2012年01月31日 独デュッセルドルフ上級地裁、Galaxy Tab 10.1の販売差止を支持。アップル勝訴。
2012年02月02日 独ミュンヘン地裁、Galaxy Tab 10.1N、Galaxy Nexusのドイツでの販売差止請求を棄却。サムスン勝訴。
2012年02月09日 独デュッセルドルフ上級地裁、GALAXY Tab 10.1Nの販売差止請求を棄却。サムスン勝訴。
2012年06月20日 蘭ハーグ裁判所、3G/UMTS通信技術に関するアップルの特許侵害1件を認める。サムスン勝訴。
2012年06月26日 米カリフォルニア州北部地区連邦地裁、GALAXY Tab 10.1の販売差止の仮処分。アップル勝訴。
2012年06月29日 米カリフォルニア州北部地区連邦地裁、統合検索機能に関するサムスンの特許侵害を理由に、Galaxy Nexusの米国での販売差止の仮処分。アップル勝訴。

2012年07月10日 英高等法院、デザインに関するサムスンの特許侵害を認めず。サムスン勝訴。
2012年07月24日 独デュッセルドルフ上級地裁、Galaxy Tab 7.7のEU加盟国での販売差止。アップル勝訴。
2012年07月24日 独デュッセルドルフ上級地裁、GaIaxy Tab 10.1Nの販売差止請求を棄却。サムスン勝訴。
2012年08月24日 韓国のソウル中央地裁、双方に特許侵害の判決。
2012年08月24日 米カリフォルニア州北部地区連邦地裁の陪審、サムスンに約10億5千万ドル賠償命令。アップル勝訴。
2012年08月31日 日本の東京地裁、データ同期の技術に関するサムスンの特許侵害を認めず。Galaxy S、Galaxy S2、Galaxy Note、Galaxy Tabの販売差止請求を棄却。サムスン勝訴。

参考 URL

Tech-On!:Apple対Samsung、争点の特許はこれだ
WirelessWire News:アップルはなぜデュッセルドルフへ向かったか 特許訴訟の「ファーストフード店」と化す独法廷 (編集担当メモ)

【theme : スマートフォン
【genre : 携帯電話・PHS

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。