Pentium から Xeon に換装したら起動しなくなった

知人からの情報提供。

サーバマシン NEC Express 5800/S70 タイプ PJ、通称「鼻毛鯖」(この通称は、某オンラインストアでサーバマシン購入時に鼻毛カッターが特典として付いたことに由来するらしい) に搭載の CPU を、Pentium G6950 から Xeon X3450 に換装した。

すると、電源投入直後にビープ音が鳴り、画面には何も表示されず、BIOS 画面にさえ到達できないトラブルが発生した。

紆余曲折の末、原因は「グラフィックカード未装着」ということが判明。もっと正確にいうと、Pentium G6950 搭載時はグラフィックカードは不要だったが、Xeon X3450 に換装したことでグラフィックカードが必要になった。

こう説明すると、数年前のパソコンについてはそれなりに詳しいが最近の事情は知らないという人が一番不思議に思うかもしれない。というのは、以前のパソコンでは、グラフィックカードなしで画面が表示できる場合、チップセットにグラフィック機能が内蔵されていると結論することができた。CPU の交換がグラフィック機能の有無に影響することはなかった。

ところが、最近では、グラフィック機能が内蔵された CPU が出回るようになった (実際、CPU の内部に GPU が組み込まれている)。つまり、グラフィック機能の配置が、チップセットから CPU に移動した。そのため、グラフィック機能ありの CPU からグラフィック機能なしの CPU に換装すると、新たにグラフィックカードが必要になるのだ。

【theme : ハードウェア
【genre : コンピュータ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示