スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライド式スティックジッパー「エニーロック」を買ってみた

開封された袋の口を塞ぐための用具を一般に何と呼べばよいのかわからないのですが、そのような用途の道具を探していたら、某大型雑貨店で「エニーロック」 (Anylock) という商品を見つけました。

大中小の長さ (285mm/225mm/185mm) のものがそれぞれ一本ずつ、計三本のセットで 600 円。

価格が割高だったので最初は購入をためらったのですが、見本品が置いてあって、それをいじくってみたところ、スルスルスル……ピタッ。といった具合に、袋を密閉するときの手応えになんともいえぬ気持ちよさを感じてしまい、購入を決定してしまった次第です。

包装袋には「ミラバケッソ」の CM でおなじみのクラレ (kuraray) の名前が書いてあったので、てっきりクラレが開発したのかと勘違いしてしまったのですが、包装袋の裏をよく読むと、製造元は大成ハイテックという韓国の会社でした。そもそも、エニーロックは韓国で開発されたもので、クラレの子会社であるクラレトレーディングが日本における総輸入代理店として商品を輸入・販売している、ということのようです。

ポテトチップスをはじめとする菓子類等の袋には、225 mm の長さのエニーロックが丁度良い感じです。

とはいえ、この商品に関しては「大は小を兼ねる」ところがあり、285 mm の長さのエニーロックも使えなくはないです。

同じ用途であればもっと安価なクリップ型の商品 (いわゆる「袋止めクリップ」) もありますが、エニーロックのほうが見た目スマートで省スペース感があるように思います。そのあたりに付加価値を見出し、割高でも買うかどうかが選択の分かれ目かもしれません。

参考 URL

エニーロック
クラレ:ニュースリリース - Anylock(エニーロック)新発売 (2006年頃のニュースリリース)

【theme : キッチン雑貨
【genre : ライフ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。