Windows XPにおけるCLISPのセットアップのメモ

Windows XPにおけるCLISPのセットアップ作業の手順を自分のためにメモ。

CLISPとは、Common Lispの実装(implementation)の一つです。Lispとは、関数型プログラミング言語の一種です。Lispには様々な「方言」があり、その一つがCommon Lispです。

CLISPの入手とインストール

以下のサイトから、Windows用のインストーラ(clisp-2.48-win32-mingw-big.exe)がダウンロードできます:

SourceForge.net:CLISP - an ANSI Common Lisp

ダウンロードしたclisp-2.48-win32-mingw-big.exeをダブルクリックして実行し、ウィザードに従えば、インストールできます。

パスはインストーラが自動で通します。インストール後、コマンドプロンプトで「clisp --version」を実行して、バージョン情報等が表示されれば成功です。

svm.dllが見つからない?

CLISPをショートカットから実行しようとする(言い換えれば、「clisp.exe -K full」を実行しようとする)と、以下のようなエラーが出ることがあります:

lisp.exe - コンポーネントが見つかりません svm.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。アプリケーションをインストールし直すとこの問題は解決される場合があります。

CLISPをインストールしたフォルダ内でsvm.dllを検索すると、おそらく

C:\Program Files\clisp-2.48\libsvm

フォルダの中にsvm.dllが見つかると思います。これを、とりあえずclisp.exeのあるフォルダ:

C:\Program Files\clisp-2.48

にコピーすれば、動作するようになります。

CLISPの実行

プログラムを直接実行

以下のようなプログラムを作成し、「hello.lisp」という名前で保存したとします:

(format t "Hello!")

これを実行するには、コマンドプロンプトで、cdコマンドでソースファイルのあるディレクトリ(=フォルダ)に移動したのち、clispコマンドを実行します:

>clisp hello.lisp
Hello!

プログラムをコンパイルして実行

CLISPは、上記のように直接的に実行する方法のほかに、いったんコンパイルして実行する方法もあります。「-c」オプションをつけるとコンパイルします:

>clisp -c hello.lisp
Hello!

すると、hello.fasという中間言語ファイルができあがります。これをclispコマンドで実行します:

>clisp hello.fas
Hello!

対話モードで実行

CLISPをショートカットから実行するか、あるいはコマンドプロンプトでclispコマンドを引数なしで実行すると、CLISPが対話モードで起動します:

>clisp
  i i i i i i i       ooooo    o        ooooooo   ooooo   ooooo
  I I I I I I I      8     8   8           8     8     o  8    8
  I  \ `+' /  I      8         8           8     8        8    8
   \  `-+-'  /       8         8           8      ooooo   8oooo
    `-__|__-'        8         8           8           8  8
        |            8     o   8           8     o     8  8
  ------+------       ooooo    8oooooo  ooo8ooo   ooooo   8

Welcome to GNU CLISP 2.48 (2009-07-28) <http://clisp.cons.org/>

Copyright (c) Bruno Haible, Michael Stoll 1992, 1993
Copyright (c) Bruno Haible, Marcus Daniels 1994-1997
Copyright (c) Bruno Haible, Pierpaolo Bernardi, Sam Steingold 1998
Copyright (c) Bruno Haible, Sam Steingold 1999-2000
Copyright (c) Sam Steingold, Bruno Haible 2001-2009

Type :h and hit Enter for context help.

[1]>

プロンプトのあとにコマンドを入力すると、結果を返します:

[1]> (format t "Hello!")
Hello!
NIL
[2]>

CLISP (対話モード)を終了するには、「(quit)」または「(exit)」を入力します:

[2]> (quit)
Bye.

【theme : プログラミング
【genre : コンピュータ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示