スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle Paperwhite の初期設定でハマった

Kindle Paperwhite の新モデル (2013 年 10 月発売) の初期設定で不覚にもハマった。

電源が入らない

本体を箱から取り出し、電源ボタンを押したが、無反応。

箱から開けた時点で、バッテリー残量ゼロでした。付属のUSB 充電ケーブルで充電する必要がありました。

別売の充電アダプタを同時に購入していない場合、パソコンの USB ポートから給電する必要があるわけですが、iPad の充電アダプタで代用してしまいました。やってみた感じでは問題なく充電できそうでしたが、メーカーの想定外の使い方なので自己責任で。

※ パソコンの USB ポートから給電する場合、パソコンによっては電源を立ち上げた状態でないと給電できないものがあります。

ある程度充電されると、電源ボタンを押して起動するようになります。

タッチスクリーンの操作方法がわからない

初期設定の際、設定項目の入力にはタッチスクリーン (および、スクリーンキーボード) の操作が必須です。その操作方法は、ユーザーズガイドに書いてあります。ユーザーズガイドは「ホーム画面」にあります (付属の冊子による)。「ホーム画面」に辿りつく前に、タッチスクリーンを使って初期設定を完了させなければなりません。

そもそも、ユーザーズガイドを読むためにタッチスクリーンを操作しなければならない・・・。

まさに、鶏が先か、卵が先か。

(少々の試行錯誤の末に) 操作方法を一言でいえば、スマートフォンや他のタブレット端末と同じ感覚で操作できます。

※ スクリーンキーボードでアルファベットの大文字を入力するには、左端にある上矢印のキー (=シフトキー) をタップしたあとアルファベットのキーをタップします。上矢印のキーをダブルタップすると、大文字を連続で入力できます (ただし、数字入力に切り替えて再びアルファベット入力にすると解除されます)。

IP アドレスが手動で設定できない

Wi-Fi 接続といえば、世間的には DHCP での接続がデフォルトになっているようですが、IP アドレスが固定で割り振られている LAN 環境も少なからずあります。

「WiFi ネットワーク情報を入力」の画面には、「ネットワーク名」と「パスワード」の項目しかありません。

結論を先にいうと、IP アドレスの設定は、「詳細オプション」で行うことができます。

が、「WiFi ネットワーク情報を入力」の画面で「詳細」をタップすると、「ネットワーク名」の入力フォームしか出てこない――「詳細オプション」の画面をスクロールすると、下のほうに接続タイプ (DHCP/スタティックの切替) や IP アドレス、セキュリティタイプ (WEP、WPA/WPA2、WPA2) 等の設定項目がありました。

画面のスクロールは、上下にスワイプ (=画面に触れて指を滑らせる) します。

※ Windows パソコンを操作する感覚で横のスクロールバー (?) をいくらいじっても動きません。
※ 家庭内 LAN の場合、ルーターおよび DNS の項目はブロードバンドルータの IP アドレスを入力。バージョンの項目はパーソナルを選択。

ソーシャルネットワークアカウントの設定

設定しなくても問題なさそうなので、「後で接続」をタップ。

読書中のタップエリア

初期設定をひととおり終え、ホーム画面まで辿りつき、ユーザーズガイドをタップして開く――で、どうやってページを送るのか。また、どうやって本を閉じるのか。

縦画面・横書きの場合:

  • 読書ツールバーの表示:画面上側エリアをタップする
  • 次のページ:画面右側エリアをタップする (または、右から左へスワイプする)
  • 前のページ:画面左側エリアをタップする (または、左から右へスワイプする)
  • ナビゲーションツールバーの表示:画面の一番下から上に向かってスワイプする

本を閉じる (ホーム画面へ戻る) には、読書ツールバーを呼び出し、一番左の家のアイコンをタップします。

※ 縦画面・縦書きの場合、右と左が逆になります。ユーザーズガイドは、「縦画面・縦書き」の場合の説明になっています。
※ ユーザーズガイドのほかにもう1つの冊子があり、それを開くとチュートリアルが始まり、上記のことを説明してくれます。ところが、その冊子は一度開くと端末から削除されてしまいます。後述する端末のリセットで復活します。

ホーム画面におすすめコンテンツを表示しない

  • メニューボタン (三本の横線のボタン)→設定→端末オプション→Kindle のカスタマイズ→おすすめコンテンツ:オフ

端末のリセット

最初から設定をやりなおす。いわば、最終手段。

  • メニューボタン (三本の横線のボタン)→設定→再びメニューボタン (三本の横線のボタン)→端末のリセット

リセット操作の直前に表示されるメッセージを引用:

この操作を行うと、ダウンロードまたは転送されたコンテンツがすべて Kindle から削除されます。削除されたアイテムはクラウドから再度ダウンロードできます。Kindle をリセットしますか?

端末のアカウントへの登録

Amazon.co.jp で Kindle Paperwhite を購入した時点では設定が完了していますが、端末をリセットした場合、当該の Kindle Paperwhite を Amazon アカウントに登録する設定をやりなおす必要があります:

  • メニューボタン (三本の横線のボタン)→設定→登録:amazon.co.jp のユーザー名とパスワードを入力する

電源オフ/スクリーンセーバー

通常時:

  • 電源をオフにする:電源ボタンを長押し
  • スクリーンセーバーを起動する:電源ボタンを短く押す

スクリーンセーバー起動時:

  • 電源をオフにする:電源ボタンを長押し
  • スクリーンセーバーから復帰する:電源ボタンを短く押す

※ 画面をタップしても、スクリーンセーバーから復帰しません。

【theme : KINDLE(キンドル)と電子書籍
【genre : 本・雑誌

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。