政党の変遷 2014年09月版

日本の政党の結成・改称の変遷を大雑把にまとめたもの。日付は Wikipedia を参考にした。

1922年07月15日 日本共産党:結成
1955年11月15日 自由民主党:自由党(1950-1955)と日本民主党(1954-1955)が合流して結成
1960年01月24日 民社党:西尾末広、片山哲らが結成。1994年12月解散(→新進党へ合流)
1976年06月25日 新自由クラブ:河野洋平らが結成。1986年08月解散(→自由民主党へ合流)
1978年03月26日 社会民主連合:社会市民連合(1977-1978)と社会クラブ(1977-1978)が合流して結成。1994年05月解散(→日本新党へ合流)

1992年05月22日 日本新党:細川護煕らが結成。1994年12月解散(→新進党へ合流)
1993年06月21日 新党さきがけ:武村正義らが結成。1998年10月解散(→さきがけに改称)
1993年06月23日 新生党:羽田孜、小沢一郎らが結成。1994年12月解散(→新進党へ合流)
1994年12月05日 公明、公明新党:公明党(1964-1994)が解散して公明と公明新党に分裂
1994年12月10日 新進党:日本新党、新生党、民社党、公明新党が合流して結成。1997年12月解散
1996年01月01日 新社会党:矢田部理らが結成
1996年01月19日 社会民主党:日本社会党(1945-1996)が改称して発足
1996年09月29日 民主党:菅直人、鳩山由紀夫らが結成
1998年01月01日 自由党:小沢一郎らが結成。2003年09月解散(→民主党へ合流)
1998年10月20日 さきがけ:新党さきがけが改称して発足。2002年1月解散(→みどりの会議に改称)
1998年11月07日 公明党:公明と新進党の旧公明党勢力とが合流して再結成
2000年04月01日 保守党:扇千景、野田毅らが結成。2002年12月解散(→保守新党に改称)
2002年12月26日 保守新党:保守党が改称して発足。2003年11月解散(→自由民主党へ合流)

2005年08月17日 国民新党:綿貫民輔、亀井静香らが結成。2013年03月解散
2005年08月21日 新党日本:田中康夫らが結成
2008年08月28日 改革クラブ:渡辺秀央らが結成。2010年04月解散(→新党改革に改称)
2009年08月08日 みんなの党:渡辺喜美らが結成
2010年04月10日 たちあがれ日本:平沼赳夫、与謝野馨らが結成。2012年11月解散(→太陽の党に改称)
2010年04月18日 日本創新党:山田宏、中田宏らが結成。2012年09月解散(→日本維新の会へ合流)
2010年04月23日 新党改革:改革クラブが改称して発足
2011年12月30日 新党きづな:内山晃らが結成。2012年11月解散(→国民の生活が第一へ合流)
2012年12月28日 新党大地・真民主:鈴木宗男らが結成(地域政党としての新党大地と並行)
2012年07月11日 国民の生活が第一:小沢一郎らが結成。2012年12月解散(→日本未来の党へ合流)
2012年09月28日 日本維新の会:橋下徹らが結成。2014年9月解散(→維新の党へ合流)
2012年10月31日 減税日本:河村たかしらが結成(地域政党→国政政党)
2012年11月13日 太陽の党:たちあがれ日本が改称して発足。2012年11月解散(→日本維新の会へ合流)
2012年11月15日 みどりの風:山崎誠、亀井亜紀子らが結成。2013年12月解散
2012年11月28日 日本未来の党:嘉田由紀子、小沢一郎らが結成
2012年12月27日 生活の党:小沢一郎らが結成

2013年12月18日 結いの党:江田憲司らが結成。2014年9月解散(→維新の党へ合流)
2014年08月01日 次世代の党:平沼赳夫、石原慎太郎らが結成
2014年09月21日 維新の党:日本維新の会と結いの党が合流して結成

【theme : 政治
【genre : 政治・経済

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示