CentOS 7 における TeX Live 2015 のインストール手順 ISO イメージ編

CentOS 7 における TeX Live 2015 の ISO イメージからのインストール手順を自分のためにメモ。

CentOS 7 をインストールした際の「ソフトウェアの選択」で「サーバー (GUI 使用)」を選択したことを前提とします。

Linux で TeX 環境を構築する方法の分類

Linux で TeX 環境を構築する方法は、大きく 2 通りに分けられます。

  • CentOS 7 のパッケージ管理システムから TeX Live のパッケージをインストールする (yum install コマンドの使用)
  • TeX Live のインストーラを利用してインストールする

さらに、後者の TeX Live のインストーラを利用してインストールする具体的な手段は 2 つあります。

  • ネットワーク経由でのインストール
  • ISO イメージからのインストール (このブログ記事で紹介する方法)

ISO イメージの入手

TUG (TeX Users Group) のウェブサイトもしくはミラーサイトから、texlive2015-20150523.iso をダウンロードします。ここでは、AIRnet の Ring サーバ (ミラーサイトの 1 つ) から入手することにします。

http://ring.airnet.ne.jp/pub/text/CTAN/systems/texlive/Images/

端末を起動します (GNOME デスクトップ環境において、[アプリケーション]→[ユーティリティ]→[端末])。

cd コマンドで ISO イメージを保存するディレクトリに移動したのち、wget コマンドで ISO イメージをダウンロードします。

$ wget http://ring.airnet.ne.jp/pub/text/CTAN/systems/texlive/Images/texlive2015-20150523.iso

ダウンロードが完了したら、当該 ISO イメージ (texlive2015-20150523.iso) をマウントします。

$ su
# mkdir /mnt/iso
# mount -o loop -t iso9660 texlive2015-20150523.iso /mnt/iso

インストール

端末において (管理者権限で) 以下のコマンドを入力します。

# /mnt/iso/install-tl

※ ここでエラーメッセージが表示されたときは、下の補足を参照。

すると、以下のように表示されます。

======================> TeX Live installation procedure <=====================

======>   Letters/digits in <angle brackets> indicate   <=======
======>   menu items for commands or options            <=======

 Detected platform: GNU/Linux on x86_64

 <B> binary platforms: 1 out of 14

 <S> set installation scheme (scheme-full)

 <C> customizing installation collections
     47 collections out of 48, disk space required: 4044 MB

 <D> directories:
   TEXDIR (the main TeX directory):
     /usr/local/texlive/2015
   TEXMFLOCAL (directory for site-wide local files):
     /usr/local/texlive/texmf-local
   TEXMFSYSVAR (directory for variable and automatically generated data):
     /usr/local/texlive/2015/texmf-var
   TEXMFSYSCONFIG (directory for local config):
     /usr/local/texlive/2015/texmf-config
   TEXMFVAR (personal directory for variable and automatically generated data):
     ~/.texlive2015/texmf-var
   TEXMFCONFIG (personal directory for local config):
     ~/.texlive2015/texmf-config
   TEXMFHOME (directory for user-specific files):
     ~/texmf

 <O> options:
   [ ] use letter size instead of A4 by default
   [X] allow execution of restricted list of programs via \write18
   [X] create all format files
   [X] install macro/font doc tree
   [X] install macro/font source tree
   [ ] create symlinks to standard directories
   [X] after install, use tlnet on CTAN for package updates

 <V> set up for portable installation

Actions:
 <I> start installation to hard disk
 <H> help
 <Q> quit

Enter command: 

「I」を入力するとインストールが開始されます。

インストールが完了すると、次のように表示されます:

 See
   /usr/local/texlive/2015/index.html
 for links to documentation.  The TeX Live web site
 contains updates and corrections: http://tug.org/texlive.

 TeX Live is a joint project of the TeX user groups around the world;
 please consider supporting it by joining the group best for you. The
 list of user groups is on the web at http://tug.org/usergroups.html.

 Add /usr/local/texlive/2015/texmf-dist/doc/info to INFOPATH.
 Add /usr/local/texlive/2015/texmf-dist/doc/man to MANPATH
   (if not dynamically found).

 Most importantly, add /usr/local/texlive/2015/bin/x86_64-linux
 to your PATH for current and future sessions.

 Welcome to TeX Live!
Logfile: /usr/local/texlive/2015/install-tl.log

TeX Live は /usr/local/texlive にインストールされます。

パス (PATH, INFOPATH, MANPATH) を設定するために、vim エディタで /etc/bashrc を編集します。

# vim /etc/bashrc

末尾に以下を追記します。

PATH=/usr/local/texlive/2015/bin/x86_64-linux:$PATH; export PATH
INFOPATH=/usr/local/texlive/2015/texmf-dist/doc/info:$INFOPATH; export INFOPATH
MANPATH=/usr/local/texlive/2015/texmf-dist/doc/man:$MANPATH; export MANPATH

補足

インストール開始時に「Can't locate Digest/MD5.pm in @INC」というエラーメッセージが表示された場合には、perl-Digest-MD5 パッケージをインストールすればうまくいくかもしれません。

# yum install perl-Digest-MD5

動作確認

端末をいったん終了し、再び起動します (そうすると、端末においてパスの設定が有効になります)。

試しに、以下のコマンドを実行してみます:

$ platex -v

platex のバージョンが表示されれば、インストールは成功です。

e-pTeX 3.14159265-p3.6-141210-2.6 (utf8.euc) (TeX Live 2015)
kpathsea version 6.2.1
ptexenc version 1.3.3
Copyright 2015 D.E. Knuth.
There is NO warranty.  Redistribution of this software is
covered by the terms of both the e-pTeX copyright and
the Lesser GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file
named COPYING and the e-pTeX source.
Primary author of e-pTeX: Peter Breitenlohner.

インストールの成功が確認できたら、ISO イメージをアンマウントします。

$ su
# umount /mnt/iso
# rmdir /mnt/iso

必要があれば ISO イメージをバックアップしてください。これでセットアップ作業は終了です。

アップデート

TeX Live をネットワーク経由で最新の状態にアップデートするには、端末において (管理者権限で) 以下のコマンドを入力します。

# tlmgr update --self --all

アンインストール

TeX Live をアンインストールするには、端末において (管理者権限で) 以下のコマンドを入力します。

# tlmgr uninstall

アンインストール実行後も、/usr/local/texlive ディレクトリ内に残骸があるので、そのディレクトリごと削除します。

# rm -rf /usr/local/texlive

参考 URL

TeX Wiki:Linux

関連記事

CentOS 7 に関する記事 まとめ
TeX Live 2015 に関する記事 まとめ

【theme : Linux
【genre : コンピュータ

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示