オプション取引とは

オプション取引とは

オプションは権利であり、オプション取引は権利の売買である。

オプションとは、

  • あらかじめ決められた期日に
  • あらかじめ決められた価格で

買う権利または売る権利のことをいう。あらかじめ決められた期日のことを満期日といい、あらかじめ決められた価格のことを権利行使価格という。

買う権利における買う対象 (あるいは、売る権利における売る対象) を原資産という。例えば、日経 225 オプションは、日経 225 指数 (=日経平均株価) を原資産とするオプションである。

買う権利のことをコール (call) あるいはコール・オプションといい、売る権利のことをプット (put) あるいはプット・オプションという。

オプション取引とは、コールとプットを売買することである。よって、以下の 4 種類の取引がある。

  • コールの買い
  • コールの売り
  • プットの買い
  • プットの売り

オプションの売買

オプションの買い手は次の権利を得る。

  • コールの場合:満期日に権利行使価格で原資産を買うことができる。
  • プットの場合:満期日に権利行使価格で原資産を売ることができる。

また、オプションの買い手には以下の選択肢がある。

  • 満期日までオプションを保有し、満期日に権利を行使する。
  • 満期日までオプションを保有し、満期日に権利を放棄する。
  • 満期日までの期間中に保有するオプションを転売する。

逆に、オプションの売り手は次の義務を負う:

  • コールの場合:コールの買い手が権利を行使したとき、コールの売り手は原資産を権利行使価格で売らなければならない。
  • プットの場合:プットの買い手が権利を行使したとき、プットの売り手は原資産を権利行使価格で買わなければならない。

また、オプションの売り手には、満期日までの期間中に売ったオプションを買い戻すという選択肢がある。

オプションの価格をプレミアム (premium) あるいはオプション・プレミアムという。プレミアムは、オプションの売り手が買い手の権利行使に応じる義務を負うことの代償として、買い手から売り手に支払われるものである。

満期日までオプションを保有したとき、コールの買い手は、

  • 原資産価格が権利行使価格を十分上回っていたら、権利を行使して、利益を得る。そのとき反対に、コールの売り手は損失を被る。
  • そうでなかったら、権利を放棄する。そのとき、コールの売り手は損失を被らない。

一方、プットの買い手は、

  • 原資産価格が権利行使価格を十分下回っていたら、権利を行使して、利益を得る。そのとき反対に、プットの売り手は損失を被る。
  • そうでなかったら、権利を放棄する。そのとき、コールの売り手は損失を被らない。

したがって、オプションの買いの場合、

  • 損失には上限がありかつ利益には上限がない。
  • 損失の上限額はプレミアムと等しい。

逆に、オプションの売りの場合は、

  • 利益には上限がありかつ損失には上限がない。
  • 利益の上限額はプレミアムと等しい。

ここまでの話だと、プレミアムの支払いを考慮してもなお、オプションの買いのほうが有利なように思える。しかしながら、オプションの買いは利益になる確率が低く、逆にオプションの売りは利益になる確率が高い。まとめると、

  • オプションの買い手は、高確率でプレミアム分の損失を被り、低確率で大きな利益を得る。
  • オプションの売り手は、高確率でプレミアム分の利益を得て、低確率で大きな損失を被る。

本質的価値と時間価値

オプションがイン・ザ・マネー (in the money) であるとは、

  • コールの場合:原資産価格が権利行使価格を上回っている状態
  • プットの場合:原資産価格が権利行使価格を下回っている状態

であることをいう。

オプションがアット・ザ・マネー (at the money) であるとは、原資産価格と権利行使価格とが等しい状態であるこという。

オプションがアウト・オブ・ザ・マネー (out of the money) であるとは、

  • コールの場合:原資産価格が権利行使価格を下回っている状態
  • プットの場合:原資産価格が権利行使価格を上回っている状態

であることをいう。

オプションの本質的価値とは、イン・ザ・マネーのオプションの場合、原資産価格と権利行使価格との差額のことである。すなわち、

  • コールの場合:原資産価格から権利行使価格を引いた差
  • プットの場合:権利行使価格から原資産価格を引いた差

である。アット・ザ・マネーまたはアウト・オブ・ザ・マネーのオプションの場合、本質的価値はゼロとする。

プレミアムから本質的価値を差し引いた差額分を時間価値と呼ぶ。時間価値は次の性質をもつ。

  • 満期日までの残存日数が短ければ短いほど減少する。
  • 満期日直前になると急減する。
  • 満期日にはゼロになる。

この性質をタイムディケイ (time decay) という。

タイムディケイは、オプションの買い手にとって不利に働き、売り手にとって有利に働く。実際、満期日までの残存日数が少ないアウト・オブ・ザ・マネーのオプションの売りは、タイムディケイが追い風になって、利益になる確率が高い (ただし、オプションの売りによる損失には上限がない点は要注意)。

ボラティリティ

オプション価格 (=プレミアム) に影響を与える重要な要素の 1 つにボラティリティ (volatility) がある。ボラティリティとは、原資産価格の変動率のことである。

原則としては、

  • ボラティリティが低いとき、オプション価格は安いので、オプション買いに有利である。
  • ボラティリティが高いとき、オプション価格は高いので、オプション売りに有利である。

一方、

  • ボラティリティの継続的上昇は、オプション価格の上昇要因であるため、オプションの売り手にとって不利である。
  • ボラティリティの継続的低下は、オプション価格の下落要因であるため、オプションの買い手にとって不利である。

【theme : 投資
【genre : 株式・投資・マネー

プロフィール

よしいず

Author:よしいず
MATHEMATICS.PDFというウェブサイトを運営しています。

管理の都合上、トラックバックとコメントはオフにしてあります。ブログ経験者なら分かっていただけると思いますが、スパム(アダルトやその他の宣伝)ばかりなのが現実です。

リンクは自由です。当サイトの記事に対する間違いの指摘・意見・感想などを述べた記事からのリンクは歓迎です。ただし、ブログ記事アップ直後はミスが多く、頻繁に修正します。場合によっては削除する可能性もあります。その際、何も断りもなく修正・削除しますがご了承ください。内容を参考にする場合には投稿後一週間ほど様子を見てからにしてください(笑)。

記事の間違いを指摘するときは、その具体的箇所、理由(仕様に反するなど)・根拠(参考にした文献など)、代替案(同じ結果を得るための正しいやり方)も教えてください。そうしないと、(指摘される側および第三者はその時点では無知の状態なので、)どこが間違いなのか分かりませんし、本当に間違っているのかどうかが判断・検証できません。実際、間違いだと指摘されたことが結局は正しかったというケースもありますので。

このブログのタイトル一覧

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示